IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年1月

2018.1.2 竹田恒泰、上念司、半井小絵【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年1月23日 更新日:

【天皇・皇室 ~意外に知らない伝統・暮らしにせまる~】
昨年は、平成30年4月30日に天皇陛下のご譲位が決定しました。また、秋篠宮家長女眞子様と小室圭さんとのご結婚も決定し大きな動きのあった年であった。そこで天皇・皇室とはどういうものかを改めてみていきます。

◆天皇陛下はこんなにすごい
トランプ大統領、ドゥテルテ大統領からも尊敬・注目される皇室は何なのか。

・なんといっても歴史が長い。他国で2000年続いた王朝はない。2000年間も天皇が続いたということは愛されている証拠。国民に不満があれば倒されているはずである。国がうまく機能していたから書物も残っている。これが他国では見られない貴重なものである。一番近いのはエチオピアだったがお亡くなりになった。

・天皇というのは力で奪えるものでも、神器や王冠を持っている人でもなく「血統」から成り立っている。それが外国の王朝との大きな違いである。

・位のランクでいうと、皇帝、天皇、法王>王>大統領>首相なのでローマ法王と同じような位となる。しかし、偉いというよりも尊いというイメージに近い。しかしながら国民と同じ目線で話をできる方でしっかり敬える対象でもある。

歴代天皇の特徴とは・・・
・孝明天皇→祭祀を重要視した
・明治天皇→立憲君主国としてのこだわりをもつ
・大正天皇→穏やか、家族と過ごす時間を大事にした
・昭和天皇→国務に徹する、他と比べれば厳しい方
・今上天皇→バランスが良い

◆元号の予想(竹田恒泰氏)
・過去にあったもの、外国で使われたものは省かれる。
・不吉な響きは避けられる。
・直近の略称MTSHは避けられる。
・中国の古典から候補に挙がる。そして学者たちによって議論される。
・645年大化の改新の大化が初めの元号。
・決めようとするとき候補を何度も話あう。過去の候補が使われる可能性が高い。
・画数が少なく書きやすいものも考えられる。
・平成は幕末に候補に挙がった、明治や大正は江戸時代に一度候補があがっている。

・予想→〈安延、永明、安化、永光、建和、建安、弘栄、文承、安長、弘徳、文弘〉

◆皇室とお金

・皇室はかなり質素な生活をされている。

・明治天皇のエピソードとして、日清戦争前に帝国議会が軍艦製造を否決したが、軍事力が必要だと考えていた明治天皇がなんとか予算を捻出しようと皇室費削減を申し出た。これにより後に帝国議会の予算審議を通ることとなるが、その時絶対に削減しない項目を設けた。それは〈皇太后に関する費用は削減しない〉〈陵墓を保全するお金〉である。明治天皇が何を大事にしていたかここから読み取れる。

・そう考えると、天皇に権限があり、帝国議会(国民)は天皇に振り回された被害者といわれることがあるが、そもそも予算を付けたのは帝国議会であり、それを選んだのは国民である。したがって帝国議会の権限は非常に強く、天皇が主権をとっていたとは言い難い。

・孝明天皇は、外国の軍艦がやってきた時、幕府が何もしなかったので宮内庁だけでも設備を整えようということで私財を投じて準備するほど日本のことを考えていた。

・仁徳天皇は、国民が納める税金を免除し、まったく贅沢をせずに国民のことを想っていた、と記録されている。住居である屋敷の屋根は抜け落ち非常に質素な暮らしをしていたので、たまりかねた国民が暴徒となって皇居を建て直した、という逸話もあるくらいである。したがって歴代天皇はこの仁徳天皇を模範とすべきという流れがあるので代々天皇は倹約の精神が強い。この仁徳天皇の流れを汲むため現在、仁、徳という名前が使われているのである。

・皇室の収入は皇室経済法(戦後制定)が適用される。
所得税では非課税となっているが、家来やおもてなし代などに使うと手元にほとんど残らない。しかも、皇室は保険に入れない。(宮内庁病院は宮内庁の職員向け)癌の手術の時ではかなり苦労されたようである。講演をされて稼いだそうだがそれには所得税がかかってしまう。普通の国民と同じ様な生活をされている。

・皇室の予算(平成18年度)は175億円、そのうち106億円は宮内庁予算(政府機関に対する支出)、残り内廷費68億円。内訳は公費62億(宮殿で行われる晩餐会など)、内廷3憶2400万円、皇族費2億3700万円、ここから家来にも給与を支払う。殆ど残らない。したがって食事も高級素材はほとんどない。

・宮内庁御用達は現役では使えない。使っているところは過去に一度納めたところがあるというだけ。

・資産の面としては、天皇の財産は戦前にはたくさんあったが戦後国有にされた。
財産税法→GHQの税制。10万円以上の者にかかり、最高税額90%となる。
戦前は37億円あったがGHQによって33億を徴収され、皇居の土地すらも物納として納められた。その後、昭和天皇はわずかな貯金を投資し、約10億円の資産を築いたが崩御のときに相続税として4億を納めている。

・税法12条、天皇の位とともに移譲するものは非課税。(三種の神器)

◆天皇と憲法
天皇は憲法において、象徴であると定められているが改めて振り返りたい。

・憲法第1条には国体条項(一番重要なこと)が記載されており、各国のそれをみれば国のあり方がわかる。
アメリカ・・・議会制民主主義の基本原理
中国・・・共産党一党の独裁社会主義国家である旨
アラブ系・・・我が国の宗教はキリスト教である旨
日本・・・「天皇は~」から始まる
つまり、天皇が何であるかで日本があらわされるということになり、天皇をみることは日本国をみること。これが第1条に明記されているのである。
背景をたどれば、大日本帝国憲法を作成した井上毅は、日本の起源が記された日本書紀、古事記を元にして、「日本とは」という第1条にふさわしい条文を考えた。
その結果、当初は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ之ヲ治(しら)ス所ナリ」(現:統治ス)とした。
「治ス」というのは、知るの丁寧語かつ命令で「お知りになりなさい」ということである。
天皇は祈る存在と言われるが、天照大神は瓊瓊杵尊(天皇の祖先)に国民の幸せを「祈れ」とは言っておらず、「知れ」といわれて地上に降りてきた。知った結果、祈ることにたどり着いたと言い伝えられている。
→日本とは天皇が知るところである。
→天皇が知るということは、象徴になるということである。

・天皇は祈る存在。現人神説があるが「神」ではない。祈りはするが祈る対象ではない。戦前の憲法学者の中に天皇は神であるという説を唱えている人はいなかった。これはフェイクニュースであり、みんなの頭の中に刷り込まれてしまっている。神にあげ、それを落とすことによって悪役とし権威を落とす目的か。憲法も帝国憲法→日本国憲法に移行した際、主権も天皇→国民へ移ったように人々の目に映るが、内閣は天皇が任命し、憲法も天皇が承認する、というように一つも天皇→国民へ主権が移ったものはない。そもそも単独で主権を発動することはできない。国民が選んだ議員から代表者を選び、それを承認するという形をとっている。これを君民同治という。

大日本帝国憲法・・・天皇に大きな権限があるように見える。
第4条 天皇は統治権を総攬する
第5条 天皇は帝国議会の協賛をもって立法権を行う
第11条 陸海軍を統帥する

日本国憲法・・・主権が天皇→国民に映ったように見える。
第4条 天皇は国政に関する権能を有しない

しかし、日本の自衛隊にみられるポジティブリストのように、
大日本帝国憲法は、すべての権限は天皇にあると記しているが、一つ一つの意見は大臣、議会を通さないと実行することができない。というされている。
それに対し日本国憲法は、「天皇は国政に関する機能を有しない」としておきながら、第6条で「天皇は内閣総理大臣を任命する」と矛盾した記載をしている。天皇は国政に参加できませんとしていながら、一つ一つの事柄にたいして可能な旨を記載している。
つまり、大きな枠組みは変わっていない。

・大日本帝国憲法 第3条 天皇は神聖にして侵すべからず
→天皇が政治的に介入してはいけない。

・天皇はマッカーサーが残した。それがGHQの意向だった。しかし重臣たちが変な権力を持たないよう、民主的にコントロールされるように憲法の草案を出した。その草案は日本にとって危ない内容だったが翻訳の時にうまく誘導した。しかしそれが日本国民をも思い込みさせてしまった。

【所感】
私の小学校のころは、昭和天皇は戦前は神のような存在だった。という認識、勉強であったように思えます。そう考えると教育って恐ろしく感じます。しかし、必要悪という言葉があるようにたとえ嘘であっても国民を思い込ませ一致団結させることも大事だったのかもしれません。みんながみんな賢いわけではありません。GHQの政策に沿ってアメリカの属国になってのんびり人生を過ごすことができれば、個人がよければ、みんながよければそれでいいのではないか。そう思ってしまいます。これも刷り込まされているのでしょうか。ゆとり教育といい、自ら考える力を持たないと、今後、私たちの子供にはどのように教育をすればよいのか。どうすればこの時代を乗り越えることができるのか、ちゃんとした道を示すことができないので、ちゃんとしたいなと模索中です。

-2018年1月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.1.8 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

すみません・・・ このブログを思い立った時には、動画が見れなくなってしまい内容を確認することができなくなってしまいました。 特に青山氏のお考えは、個人的に身になる言葉が多かったので残念ですが・・・ 以 …

no image

2018.1.24 ケントギルバート、半井小絵【虎ノ門ニュース】

目次◆安倍晋三首相 平昌五輪開会式出席へ◆北朝鮮が五輪参加中止示唆 文在寅政権に揺さぶり◆2月8日「軍創建日」に五輪直前 軍事パレードか◆慰安婦財団 年内に解散「被害者の意見尊重」◆韓国 対北支援再開 …

no image

2018.1.9 百田尚樹、有本香【虎ノ門ニュース】

◆オープニングトーク ・尖閣諸島に中国船が侵入しています。数日来た後に来ない時もあるが、それは波の高さが4mを越えると侵入できないからである。しかし、その4mを越えることができる船を製造中との情報があ …

no image

2018.1.29 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

目次◆日韓会談 来月9日平昌で 安倍首相◆安倍首相 韓国に圧力強化要請 参院本会議◆安倍首相「一方的措置受け入れず」慰安婦問題◆日本政府 慰安婦問題で国務長官発言を問題視◆五輪前日に北朝鮮大軍事パレー …

no image

2018.1.11 有本香、竹田恒泰【虎ノ門ニュース】

◆オープニングトーク ・民進、立憲また合同政党を考えるということは、分裂した意味がない。 ◆韓国大統領が年頭会見 慰安婦「日本の謝罪必要」 ◆韓国 慰安婦で10億円拠出 新方針発表 ・また蒸し返すよう …