IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年1月

2018.1.9 百田尚樹、有本香【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年1月23日 更新日:

◆オープニングトーク

・尖閣諸島に中国船が侵入しています。数日来た後に来ない時もあるが、それは波の高さが4mを越えると侵入できないからである。しかし、その4mを越えることができる船を製造中との情報があり、これからもっと増えていくのではないだろうか。

◆百田尚樹の日本の歴史

・百田尚樹氏、ケントギルバート氏の影響を受け日本史の本を執筆中。日本史の教科書を読んでみると面白くなかったので面白いものを書こうと思い執筆に至る。アメリカでは歴史の本を読むとアメリカが好きになるが日本ではそんなことがないため。

・「日本」という文字は7~8世紀あたりに使用されはじめた。つまり約1200年ほど国名が変わらずに栄えた国である。聖徳太子は中国へ遣隋使を送るときには「日いずるところの天子より、日沈むところの天子へ」とあるように日本人は一番早く日が昇る国という自覚があった。

◆安倍首相 改憲発議で多くの党の賛同得たい

・これだけ憲法改正反対の声が多いのは、大事なことであると皆さんが気づき始めたから。これは安倍総理の政権でしか実現できないと思う。しかし早く実現しなければならない。北朝鮮、中国がもうすでに近くまで来てるのに、交戦に至ったらどうするのか。警察が対応するのか。もちろん交戦が無いのが一番だが・・・。

・平昌オリンピックでは韓国と北朝鮮は共同チームを組んだ。開催期間中には戦争は起きないであろうと考えられる。フランスのマクロン氏、アメリカのペンソ副大統領は平昌に訪問する予定。

◆ウーマン村本氏「中国に尖閣を戦略されたら白旗で投降」

・沖縄タイムスはウーマン村本氏を絶賛。つまり、沖縄はもともと中国であり、中国に返すべきであるという考え方があるから絶賛すのだが、沖縄のことを思えば逆ではないのか。これが本音か。

・もし攻められても一切抵抗しない、殺さない。という著名人もいるが、その人たちはまさか自分が殺されるとは思っていないのではないか。もし殴りにかかったら抵抗しないのか。別にいいが人に強制しないようにしてほしい。

・「王」とは本来は皇帝から臣下へ任命するものであり、中国周辺で多くみられたが、日本はそうではなかった。しかし、室町時代の足利義光は明から「王」の位をいただいてしまった。これで立ち位置が少し変わってしまったように思える。

・冒頭にも述べた通り、聖徳太子は中国へ遣隋使するときには「日いずるところの天子より、日沈むところの天子へ」とあったが、配慮してこれを「西の天皇より東の皇帝に」に変えた。ここで初めて「天皇」を使用した。これにより大陸中国と対等な関係を築くきっかけになったのでは。

◆河野外相「日本外交が国益危機 国益守れない」

・いままでの外交はお粗末だったと言わざるを得ない。慰安婦問題でも政府が動くことはない。民間団体が反対運動をしている状態である。しかし、河野外相はちゃんと言うべきことを言っていると思う。

◆◆有本香氏合流◆◆

・河野外相は、日本人が苦手とするウィットがうまい。ようやく外務大臣が外国に発信し始めた。

・どこにいっても中国企業がいる。特にアフリカ。日本のようにODAなどで支援をするのだが現地で人手が足りないという現実に直面する。そこで中国企業は、現地に中国人を派遣し中国人村をつくる。しかもそれは、出稼ぎで終わらせるのではなくそこに寄民させると人口を支配できる。

・黒孩子(ヘーハイズ)が一億人いるといわれている。昨年、中国はこのヘーハイズに対して戸籍を与え、パスポートを与えることにした。ということは、この、急に出現した人口を武器に外国へ中国人を送り込もうとしている。

・一人っ子政策によってヘーハイズは農村部に多いと思われがちだが、都市部で生まれた子供も多い。都市部の子供たちは、農村部、地方にあげたということにして地方に戸籍を置いているが、実は都市部で住んでいるということが多い。同様に学歴なども騙している。こういう人たちが新興国に侵略しているのである。

・現地の人たちは過酷な条件で働かされて、給料などの遅配も普通にある。暴動を起こそうにも武力で制圧される。アフリカではなんと1970年代から中国企業が進出している。そんな現地の人たちは、中国企業よりも日本企業を望んでいる。

・インドネシアの鉄道政策で、日本が中国企業に敗れてしまったが、地質調査などの情報は日本が調べたものだった。しかし中国企業はそれを実現する技術もなかったので事業は滞っている状態である。

・上記の地質調査などの情報が漏れたように、産業系の情報もしっかり防衛しなければならない。オーストラリアの中国系議員がスパイだったように日本にもいると思われる。

・自国の歴史を学んで自国が嫌いになるなんて通常はあり得ない。学んだあと、自国を守ろう、誇りをもとうなどという気持ちを持てるような教育でなければならない。気概を持った人が日本国民であると定義すれば、選挙権などより歴史のテストを実施すればいい。そうすればスパイも防げる。(永住権や被選挙権などを持つ外国人にたいして)

◆百田尚樹の百字百論
柿本人麻呂について。百田氏は最近日本史について勉強しているので。

・あまり情報がない人物である。下級役人だったといわれているのが通説である。位が6位以上なら情報が残っているはず。全国で歌って歩いていたので下っ端の部類ではないかと考えられている。しかし逆に、天皇に近いから情報が残っていないのではないかという説もある。

・学問の神または水難の神様として崇め奉られている。

・平安時代の人間は、嫌った人間の名前を変える習性がある。

◆津田大介氏 有本氏に怒られる
経済評論家三橋氏が10代の妻の顔を殴るなどの暴行容疑で逮捕された。それに対し有本氏が「左右両陣営から陰謀論が飛び交っているが、暴行の疑いがあるのは事実で、逮捕されるのは普通である。」これに対して津田氏が「あれだけの外形的事実がありながら(それを本人がHANADAへの寄稿などで認めながら)有本氏は「山口氏がイノセントであると信じている」ということであるな。」と反論したが、有本氏は言いがかりだとツイートしたところ大きく広がった。(有本氏がこの件では法治国家を認めているが山口氏の時には何も言わなかったということを指して。)

・当事者としては、無い罪で急に横から殴られたら感じ。当然やり返すものだと思う。やり返せば周りにも自分を守る力があることを示すことができる。しかし現在の政治に置き換えてみると、自民党はそれに耐えているという状態。閣僚や大臣は当然手を出すことができない。だから野党などは調子に乗って言いたい放題のことをいってしまうのだ。そして、叩くだけ叩いてしばらくたったときに手を差し伸べるという卑劣な手を使っている。これに乗ってはいけない。

・このように言いたい放題の世界となってしまったが、村八分の思想が強く出てしまっているのではないか。自分の考えにそぐわない人間や、一人だけ甘い蜜を吸っている人に対して、事実をゆがめてでも村からはじき出そうとする。そしてその仲間も良い思いをしているだろうということで一緒にはじきだそうとする。国会でも、個人でもこれが普段みられるようになった。

◆バノン氏が暴露本「遺憾」米大統領長男への非難否定

・ブライトバート(先進的なニュース。従来のリベラルとは違う番組)の跡を継いだバノン氏がトランプ大統領の立役者の一人となっている。しかし、トランプと合わなくなったのではないか。

◆沖縄県は観光収入を過大発表 基地の恩恵を少なく見せ

・粉飾決算と同じ。県民所得も低く発表されていた。反基地に有利な発表になっている。基地があるからうまくいかないんだ、基地がなくても観光収入で過ごしていけるんだ、という主張している。

【所感】
今回は、百田氏の日本史の話が中心でした。
百田氏は日本史が面白くないとおっしゃるが、GHQ政策の一環かもしれません。黒塗りの教科書があったくらいですからね。一時期、欧米の考えや文化を取り入れるんだって時期もあったなと思い出しました。確か私が小学生くらいの時か・・・。便利にもなりましたが、その反面、日本ではなくなってきています。中国や北朝鮮、韓国などに明らかに攻められているのに、取られてもいいや、そこで順応すればいいや、って思ってしまうのはGHQの教育の賜物かもしれません。私も少なからず思ってしまいます。これが会社でも出てしまっていますね。事なかれ主義。個人的な話ですが。

今回、話に少し出てきましたが、尖閣諸島などに戦艦が明日、急に攻めてきたらどうするんでしょう。自衛隊は交戦権ありませんし、やっぱりアメリカに守ってもらうのでしょうか。もし、条約を無視してアメリカが敵になったら日本はひとたまりもありませんし、守ってもらうにしても莫大な資金援助、物資援助、報奨金などを払うことになるのでしょう。そのお金はどこからどこへ流れるのでしょうか。インバウンド景気のように、外国から日本へお金が流れてくる分ことは万々歳です。しかし逆に日本から外国だとどうなるか。日本の国土・近海が戦場となり、物資を援助し、お金を支払う。素人考えですがすごいリスクだと思いますね。そんなことが起きないように牽制する必要がありますね。

-2018年1月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.1.30 百田尚樹、阿比留瑠比【虎ノ門ニュース】

目次◆花田紀凱「係争中の本の広告は不可」◆依田啓示氏の第一回公判行われる(依田啓示氏スカイプ出演)◆横浜DeNA 井納党首 「嫁がブス」の書き込み訴える◆百田氏宅に政治活動家・大袈裟太郎氏が突撃の迷惑 …

no image

2018.1.18 有本香、金美齢【虎ノ門ニュース】

目次◆有本香氏オープニングトーク◆百田氏のツイートの朝日新聞広報抗議のツイート◆トラ撮り!(DHCテレビ社長土下座)◆お知らせ(「百田尚樹 永遠の一冊」刊行記念サイン会)◆尖閣諸島のお天気◆強力ありも …

no image

2018.1.17 ケントギルバート、井上和彦【虎ノ門ニュース】

目次◆ケント・ギルバート氏・井上和彦氏オープニングトーク◆北朝鮮 韓国に楽団140人派遣へ◆尖閣接続水域の中国潜水艦 「商」級攻撃型原子力潜水艦◆ハワイ ミサイル警報誤報で混乱◆首相 慰安婦合意「約束 …

no image

2018.1.5 須田慎一郎、石平、大高未貴、井上和彦【虎ノ門ニュース】

編集中です。 しばらくお待ちくださいませ。

no image

2018.1.25 有本香、竹田恒泰【虎ノ門ニュース】

目次◆首相 平昌五輪開会式に出席 韓国大統領と会談へ◆北朝鮮が五輪参加中止示唆 韓国保守団体に反発◆虎金ちゃんズ◆尖閣諸島のお天気◆靖国神社の徳川宮司が退任意向 歴史認識で波紋◆米大使館 来年末 …