IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年1月

2018.1.17 ケントギルバート、井上和彦【虎ノ門ニュース】

投稿日:

◆ケント・ギルバート氏・井上和彦氏オープニングトーク

・ニューヨークタイムズ・・・インフルエンザ、原発、ムーミンの起源問題が掲載されている。(ケ)

・産経新聞・・・李明博元側近を逮捕(第17代大統領、大阪市平野区出身)(イ)

◆北朝鮮 韓国に楽団140人派遣へ

・このように、韓国がものすごい勢いで韓国を取り込もうとする動きが強い。つまり北朝鮮が窮地に立っている証拠のように思える。融和が演出されているが諸外国は厳しい目を緩めていない。諸外国大統領間でムンジェインはややこしい奴だという共通認識はあるように思える。(ケ)

視聴者質問「台湾と韓国はほぼ同じ対応をしてきたのに日本への視点が違うのはなぜか」
・戦争が終わったとき、韓国は日本に帰化していたが、初代大統領李承晩が、反日をすることによって国をまとめたためそれが続いている。(産経新聞ソウル支局の黒田元支局長『韓国人の歴史観』に書かれている。)(イ)

・どちらかといえば、戦時中の日本は台湾より韓国を重用していた。陸軍士官学校や海軍士官学校に韓国人はいても台湾人はいなかった。(イ)

・また韓国は中華思想、儒教がはいり、台湾はなかった。(ケ)

◆尖閣接続水域の中国潜水艦 「商」級攻撃型原子力潜水艦

・第一列島戦、第二列島戦の間でアメリカを迎え撃ちたい。そこに潜水艦を常時潜入させている。(井上氏イラストを交え。およそ沖縄とグアムの間の領域。Anti Acces Area denial(A2/AD) 

・「商」級とあるが歴代の名前である。ほかにも晋、商、漢、元、宋、キロ、明がある。キロはロシアから買った。→ところで、名前が判明しているということはすでに捉えている。(イ)

・中国は潜水艦を60隻持っている。原子力は10、50隻ディーゼル船。しかしアメリカは70隻の原子力潜水艦を持っている。潜水艦の動力の種類の原子力とディーゼルの違いとして、ディーゼルは海上でディゼルエンジンをまわして電力を蓄電する。その電気で潜る。原子力は浮上する必要がない。大きな戦力の違いがある。(イ)

・日米にかなわないと考え、潜水艦戦略をとるようになった。晋、商は海上から遠距離ミサイルを飛ばせる。したがって、日本の接続水域にきたのはアメリカを迎え撃ためのアメリカ対策である。(イ)

◆ハワイ ミサイル警報誤報で混乱

・日本人はあまり反応しない。

◆首相 慰安婦合意「約束順守 普遍的原則」

・韓国は約束を守らない。約束をなかったことにする。もし破棄するのであれば慰安婦像を撤去するなどの誠意をみせてほしい。(ケ)

◆ケンちゃんカズちゃんごきげん大放談(どうなる憲法改正!護憲は危険!?)

・そもそも「平和」ってどんなことを言うのか。
国境が確立している状態?→四方八方諸外国から攻められている。
政権が安定している状態?→良い野党がいない。
反社会的勢力がいない?→沖縄にごまんといる。
結局どれも当てはまらない。今現在、平和の状態とは言えない。憲法第9条戦力不保持のおかげで平和だと思う人が多い。平和というのは戦い(戦争)の抑止力がいる。それを今は米軍が補ってくれているから平和なのである。(ケ)

・では「平和主義」とは?Facifism、不戦主義なだけ。これを貫くと、
国が滅亡する可能性がある。米軍が引き上げられるのを待っている。
敵国に搾取される。竹島、尖閣、慰安婦など。
タダ乗りしているように見られる。日本自身に日本を守る気持ちがない。(ケ)

・アメリカは徴兵制度への登録が必要。行使されないが今も生きている。そうでないと公的資金を受けたり公務員になれない。自国を、自分を守る覚悟をもっている。逃れようとする人は売国奴といわれる。したがって、9条を改正すると戦争になるというのは売国奴である。(ケ)

◆トラ撮り!(ケント・ギルバート氏:レストランYAMATO)
◆トラ撮り!(井上和彦氏:田中支隊忠魂碑)
◆トラ撮り!(井上和彦氏:東京裁判をゼロからやり直す)
◆台湾で息づく日本を訪ねる 台湾・台南 充実の4日間(宣伝)

◆「文化大革命」項目削除か 中国教科書で

◆米艦ワスプ 佐世保基地に接岸 最新鋭機で即応強化

・ワスプは大きく優秀な空母。病院施設も充実している。最先端で進撃するものなので病院施設が多いのである。それが佐世保に来たということは、中韓へのアピール。(イ)

【所感】
タイトルを見やすくし、各項目末尾に発言者のイニシャルを付け加えてみました。どの方が発言し、どんな考えをお持ちなのか知っていただくためです。

潜水艦やワスプの話でもそうですが、行動の裏にはいろんなアピールがあるんですね。私の身近なところでもよくある話ですが、私にはわからないメッセージを送り合っています。相手の意図を汲むといいますか、それには相手の立場に立たないと決してわからないと思います。しかし、相手が自分のしたいことをわかってくれた時、理解してくれているなと感じたときにはそこには信頼感が生まれそうですが。
中国潜水艦が出現し、アメリカが佐世保にワスプを出した。言われてみればけん制し合ってるにしか見えませんね。

-2018年1月

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.1.16 百田尚樹、田北真樹子【虎ノ門ニュース】

◆オープニングトーク ◆尖閣航行は攻撃型中国原子力潜水艦 ・だんだんエスカレートするのでは。ただ、今は4mの波が越えられないがそれを越えられる船をつくっている。これができたら次は尖閣諸島上陸か。その時 …

no image

2018.1.25 有本香、竹田恒泰【虎ノ門ニュース】

目次◆首相 平昌五輪開会式に出席 韓国大統領と会談へ◆北朝鮮が五輪参加中止示唆 韓国保守団体に反発◆虎金ちゃんズ◆尖閣諸島のお天気◆靖国神社の徳川宮司が退任意向 歴史認識で波紋◆米大使館 来年末 …

no image

2018.1.2 竹田恒泰、上念司、半井小絵【虎ノ門ニュース】

【天皇・皇室 ~意外に知らない伝統・暮らしにせまる~】 昨年は、平成30年4月30日に天皇陛下のご譲位が決定しました。また、秋篠宮家長女眞子様と小室圭さんとのご結婚も決定し大きな動きのあった年であった …

no image

2018.1.30 百田尚樹、阿比留瑠比【虎ノ門ニュース】

目次◆花田紀凱「係争中の本の広告は不可」◆依田啓示氏の第一回公判行われる(依田啓示氏スカイプ出演)◆横浜DeNA 井納党首 「嫁がブス」の書き込み訴える◆百田氏宅に政治活動家・大袈裟太郎氏が突撃の迷惑 …

no image

2018.1.9 百田尚樹、有本香【虎ノ門ニュース】

◆オープニングトーク ・尖閣諸島に中国船が侵入しています。数日来た後に来ない時もあるが、それは波の高さが4mを越えると侵入できないからである。しかし、その4mを越えることができる船を製造中との情報があ …