IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年6月 虎ノ門ニュース

2018.6.18 青山繁晴、居島一平【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年6月20日 更新日:

◆米が核兵器リスト作成へ 北朝鮮と近く高官協議

・アメリカの報道をそのまま報道しているが、合意文書では、北朝鮮の完全非核化ではなく、朝鮮半島の完全非核化といっていた。(青山)

・核開発は今まで金一族三代にわたって続けられたが、今までコッソリしていたのが、金正恩氏の時代にオープンになった。金一族は、朝鮮半島の完全非核化、と発言することによってアメリカに対して、出ていけと言っているのである。つまり、アメリカが出ていくのであれば核を捨ててもいいよ、と言っているだけである。しかし、アメリカは世界の警察を自認しておりそれを撤退することはない。(青山)

・高官協議と報道しているが、合意文書には、アメリカはポンペイオ長官、北朝鮮は政府高官としか書かれていない。誰とするのか。(青山)

・大統領任期の2021年1月までの非核化を目指す、と報道があるが、大統領選挙がある2020年11月が本当の期限である。(青山)

・学者や評論家は話を難しくするだけである。ハッキリ言って商売目的。憲法学者もいらない。憲法は子供でも分かるように簡単に示すものである。(青山)

・合意文書には政策は書かれておらず大まかなことしか書かれていない。たとえば、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)では、まず兵器のリストアップをするとしているが、どうするのか。本人に聞くのか、こちらで調べるにもどうするのか。(青山)

・米軍内で、犠牲を最小限に抑えることができる派と、核をいっぱい持っておりソウルも近いので犠牲が大きくなるという派に意見に分かれている。大統領も迷った末にリスクを取った。そのことをトランプ大統領は包み隠さずしゃべってしまったのと同じ。戦争する確立は少ないことがばれている。つまり化学兵器リストを提出してもらえるわけがなく、核も放棄するわけがない。(青山)

・アメリカに頼ってた時代が終わったということ。北朝鮮を止められるのは日本しかない。他の国は商売しか考えていない(青山)

・今まで核兵器廃棄は15年かかるといわれていたが、それは解体をする場合。しかし、2年ということは核をどこかに持ち出して廃棄するということ。(青山)

・私(青山氏)の最新情報によると、アメリカは攻撃態勢を変えていない。(青山)

◆合同演習中止へ最終調整 米韓国防相が電話会談

・昨年秋に、アメリカが攻撃態勢を完了したという情報が北朝鮮に漏れた形跡があった。だから、昨年11月に、核ミサイルが完成した、と言った。(青山)

・アメリカからしたら自国に届く核が無ければよい。会談でそれをトランプ大統領は確認した。だからその見返りに合同演習中止を与えた。(青山)

◆拉致問題「既に解決」北朝鮮ラジオが再主張

・安倍首相が、個人的に一番重要な問題である拉致問題、ということはアメリカには利益はないということ。(青山)

・今回の北朝鮮の目的は、トランプ大統領の機嫌をとること。トランプ大統領の考え次第で攻撃されるかどうかとなる。そのトランプ大統領が友達という安倍首相のことをその場で悪く言うはずがない。もともと解決済みという気持ちは変わらない。(青山)

◆第80回 独立講演会のお知らせ

◆トラ撮り!

文部科学部会「国語について」

・票にならないような部会にたくさんの議員さんが来られていて評価できる。内容は、例えば「まぜ書き」。子ども→子供ではない。「ども」は複数形なので「等」などがよい。「共」は当て字。

・また、敬語の話もあり、例えば「天皇陛下」自体が敬語なので「天皇陛下は~に行った」と、二重敬語にならないように「記者ハンドブック」に書かれている。しかし、文化庁は皇室に対しての基準を示したことはない、としている。天皇陛下への敬意を損うような基準が勝手に作られている。このような本来の国語を皆さんに知ってもらう様にする会議である。(青山)

「外交部会・外交調査会・北朝鮮による拉致問題対策本部・国防部会・安全保障調査会合合同会議」

・「北朝鮮に拉致被害者を出させるのか。国交正常化を優先させた小泉政権の過ちを繰り返したらいけない。言われたとおりに賠償金を支払うのか。調査団を送らないといけない。」と発言したら、外務省から「小泉政権には反省点がある」と回答があった。

・小泉政権は、北朝鮮と組んで、一部被害者を帰国させ資金を支援するという密約があったはずだ。(青山)

データ改ざんがあった大手会社を引退された役員との話

・データ改ざんは大きな犯罪である。しかしその基準データで建物、車を作りその他さまざまなものを造ったが問題はなかった。つまり基準が間違っていたということ。それをなぜ言わないのか、と申し上げた。(青山)

◆米朝首脳の署名文書は共同声明 完全非核化を約束

◆トランプ氏が拉致問題提起 米朝首脳会談

◆金正恩氏「安倍首相と会う可能性」トランプ氏に言及

◆日朝首脳会談へ 安倍首相提唱 進展は見通せず

・早ければ9月にウラジオストクでか。(青山)

◆消費増税 年末に経済対策 骨太方針閣議決定

・私の責任で申し上げるが、総理は消費税凍結の考えがある。しかし増税を前提に政策を考えているので凍結をするのであれば解散総選挙で国民に問わなければならない。昨年10月に行ったので1年経つ今年10月以降に可能性がある。(青山)

◆米大統領報道官が辞意か 年末 副報道官も

◆中国が米に報復措置決定 5兆円超

・貿易戦争はすでに起きている。(青山)

・アメリカが北朝鮮に甘くなったのは中国への配慮があるから。北朝鮮のコントロールを今まで中国に任しており中国に借りできるから大きく出ることができなかった。しかし、北朝鮮を取り込めば、遠慮する必要がなくなる。(青山)

・トランプ大統領は言っていることをしっかり実現しているだけで矛盾がない。中国に奪われているアメリカの雇用を守るには、中国に借りがあったらできないので北朝鮮を米朝首脳会談で取り込み、直後に関税をかけた。(青山)

・一部メディアで報道されているが、中国のお金がアメリカに来ないようにする。投資制限を考えているそうだ。今まで関税の制限はあったが投資は大歓迎という考えだった。明かな経済戦争だ。トランプ大統領しかこういう発想はなかっただろう。(青山)

◆トヨタが初制 伝統のルマン24時間

-2018年6月, 虎ノ門ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.6.4 青山繁晴、有本香、ケントギルバート【虎ノ門ニュース】

目次◆米朝首脳会談「うまくいく」 トランプ氏◆米長官が拉致解決を提起 正恩氏「分かっている」◆安倍首相 拉致問題の行方注視◆「19年に消費増税」明記 骨太原案◆お知らせ(第79回 独立講演会〜新生へと …

no image

2018.6.29 武田邦彦、須田慎一郎【虎ノ門ニュース】

目次◆NHK 安倍首相の答弁つなぎ合わせか<ネットで話題のニュース>◆東京都 受動喫煙防止条例が成立 国より規制厳しく◆首相 拉致議連申し入れ書受理 日朝首脳会談「解決に資する」◆須田慎一郎の社会の裏 …

no image

2018.6.21 有本香、つるの剛士【虎ノ門ニュース】

目次◆特定失踪者・藤田さん弟「拉致は最大の人権侵害」◆強力ありもと(つるの剛士氏登場)◆有本香氏との馴れ初め◆つるの剛士 著「バカだけど日本のこと考えてみました」◆視聴者からのメール(3分で帰らないで …

no image

2018.6.15 武田邦彦、須田慎一郎、田母神俊雄【虎ノ門ニュース】

目次◆米朝首脳 多くの「共通理解」 完全非核化へ「出発点」◆トランプ氏が拉致問題を提起 正恩氏の反応には言及せず◆日大アメフト問題について◆小池都知事 児童相談所を視察 虐待事件で◆不適切取材で共同通 …

no image

2018.6.22 上念司、大高未貴【虎ノ門ニュース】

目次◆非核化への行動 「まだない」 マティス米国防長官/中朝首脳 2日連続で会談◆米離脱表明 国連人権理 失望の声相次ぐ◆中国の巨大資本進出に 邦銀は情報流出懸念◆「ニュース女子」地方局継続(朝日新聞 …