IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年6月 虎ノ門ニュース

2018.6.25 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年6月25日 更新日:

◆日本がセネガルと2-2 サッカーW杯

・決勝リーグに行けそうということを報道しないが、いけるんじゃないか。(青山)

・人事がうまくいっていると思う。火中の栗を拾うような状況だがみなさんしっかり連携して効果を出していると思う。(青山)

◆加計・カジノ法案で攻防 きょう集中審議

・国会議員はテレビの方を向いているが、私(青山氏)は向かずにメモを取っていた。なぜテレビを向く必要があるのか。やることなすこと国会はおかしい。一日3億円かかっているのを考えてほしい。(青山)

・アメリカの高官に聞かれるのは、安倍総理は森加計問題でいくら賄賂を貰っているのか。と口をそろえて言う。一円ももらっていない。野党も賄賂については言及していない。問題は、役人が総理のご意向を推察し行動したこと。これを伝えると向こうの人は「役人は安倍首相の意向を無視して働いているのか」と言われる。(青山)

・総理に、なぜもっと踏み込んで否定しないのか、と聞いたら、詳しくは言えないがご自身を顧みられていた。今の国会は審議時間を遅らせて不成立にしようとする動きがある。少しでも不服なことがあったら一々止めてくる。もし国会で総理が真実を話そうとすると止めてくるはず。7割以上がスッキリしていないというだろう。それで法案が不成立になったら野党の思うつぼである。(青山)

・野党のお金の使い方は荒い。飛行機でもファーストクラスを乗るが隣の席も取って空けている。新幹線の議員パスも、本来は仕事のために使うものなのに私用で使う人もたくさんいる。自民党が少しでも不透明なお金を使ったら追及してくるのに野党の場合は甘い。お金をもらって記事を書く記者もいる。(青山)

・国会議事堂の噴水は、国民が見れないのになぜ作ったのか。記者時代に問題にしたが政治部の仕事じゃないといわれた。(青山)

・私(青山)のような異業種の方が議員になったほうが良い。(青山)

◆国の税収58兆円超え 26年ぶり高水準

・アベノミクスはこれから。金融緩和をしてきた。これから財政出動して自動運転やメタンハイドレートの開発、自動車の自動充電をしっかり進めていくべき。(青山)

・メディアもコメンテーターもネガティブなことばかり話している。批評や評論は必ず必要だが、ネガティブなところを指摘するのは簡単。ほめるのは難しい。(青山)

◆9県の避難訓練中止へ 北朝鮮で緊張緩和

・日本の体制は変わらない。アメリカはアメリカンファーストを貫いているだけ。米朝がどんな会談をしようが日本の体制を変えるべきではない。(青山)

◆沖縄戦73年 「慰霊の日」戦没者を追悼

・みなさんに忘れられたものを思い出してもらうことが、もの書き、議員である自分の使命だと考えている。(青山)

1:05

◆斬ってへんわ!
◆お知らせ(第10回 8.6平和ミーティング<油断大敵!日本を取り戻せ〜「憲法9条」の幻想は危険を招く!〜>)
◆青山繁晴 著「ぼくらの死生観-英霊の渇く島の問う」

・原稿用紙5枚で新書になるのでそれくらいでよいと言われたが、118枚書いた(青山)

◆トラ撮り!(ロータス エリーゼ カップ260)
◆トラ撮り!(治安・テロ対策調査会)

・議員になる前から、新幹線の警備が薄いということを提言していた。新幹線は飛行機と違って、飛び乗れるのがビジネスになっているので、金属チェックなどをしない。座席が外れるようになっているが、乗客が咄嗟にそんなことできない。仕方がないが、乗客が護身術をしっかり身に着けることが必要になってくる。地域の警察で教えてもらえるように働きかけなければいけない。(青山)

・新幹線で犠牲になった方がいらっしゃったのに全然うごかない。プロのテロリスト二人だけでも新幹線をジャックできる。(青山)

◆トラ撮り!(憲法改正を考える。)

・元防衛相の稲田朋美議員と会談。しっかりしており、包み隠さない人だった。(青山)

◆トラ撮り!(硫黄島 日米合同慰霊祭)

◆辺野古「緊張緩和に逆行」 翁長氏

・米朝会談の米朝での緊張緩和が日本にも波及したという認識がそもそも間違っている。軍事力は何のためにあるのか。他国を侵略するための軍事力は第二次世界大戦までである。今は守るための力である。翁長知事だけではない。個人攻撃している暇はない。(青山)

◆人権問題は非核化達成後 ポンペオ氏

・ポンペイオ氏はトランプ大統領のイエスマンとなっている。つまりポンペイオ氏の話を聞けばトランプ大統領の考えがわかる。

・米朝会談は、アメリカに届く核を作れば承知しないといるだけ。アメリカが安全になった後、ともいっているので北朝鮮の人権は二の次とのこと。(青山)

◆米韓軍事演習 さらに二つ中止

・二年後までに成果を上げたいということは、アメリカの中間選挙に間に合わせたいということ。だから目先の軍事演習

◆EUが対アメリカ報復措置を発動

・トランプ大統領は、安全保障に関心がないと思う。大統領選挙の時に言及したか。選挙時の公言はしっかり実現させている。アメリカンファーストである。

・もともとアメリカは孤立主義で、世界の警察であるのも第二次世界大戦からである。EUや中国は様子見である。習近平や金正恩は何十年も任期がある。トランプ大統領も再選しても6年、安倍首相も3年。

・トランプ大統領はもともとのアメリカの姿に戻しているだけで、ヒラリー氏は第二次世界大戦後のアメリカを象徴している。アメリカ国民がトランプ大統領を選んだということは、アメリカはそちらに進むということ。アメリカが面倒を見てくれなくなるのは明白。そうすると、中国は日本が憲法第9条を改憲しないため。妨害工作を激化させてくるはずだ。アメリカが退いて日本が本来の力をつけ始めると中国が困るから。(青山)

◆原油価格抑制へ増産合意 OPECと非加盟国

・イランは経済制裁によって苦しいため、価格を高くし儲けが高いほうが良い。反対にサウジなどは安くしたい。油や天然ガスは既得権益に価格が決められる。シェールガスなどの資源を開発するコストを考えると、安い既存資源の方が良いという声が多いが、安い資源を漁っていくのが良いのか。それは国の経済ではない。自前の資源をもつことが国の発展に必要である。世界が混乱したときに大きな力となる。大戦後やソ連崩壊後に、日本は資源を他国に頼ったからこんなに弱い。(青山)

・国家のために自前資源を開発することを国民が支えてください。(青山)

◆◆出演者著書◆◆

-2018年6月, 虎ノ門ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.6.4 青山繁晴、有本香、ケントギルバート【虎ノ門ニュース】

目次◆米朝首脳会談「うまくいく」 トランプ氏◆米長官が拉致解決を提起 正恩氏「分かっている」◆安倍首相 拉致問題の行方注視◆「19年に消費増税」明記 骨太原案◆お知らせ(第79回 独立講演会〜新生へと …

no image

2018.6.5 百田尚樹、山田吉彦【虎ノ門ニュース】

目次◆米朝首脳会談は12日午前 非核化まで制裁維持◆北朝鮮制裁の維持強調 米高官 交渉長期化を示唆/首脳会談「複数回希望」金正恩氏メッセージ◆北朝鮮が「瀬取り」の疑い◆金氏の宿泊費は誰が負担 調整難航 …

no image

2018.7.9 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

目次◆西日本豪雨 死者80人超 3万人が避難◆北朝鮮の完全非核化確認 日米韓外相会談◆北朝鮮 日本へ制裁緩和を要求◆視聴者からのメール(倉敷中心部は特に大きい被害がありませんでした)◆視聴者からのメー …

no image

2018.7.11 ケントギルバート、坂東忠信、居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆西日本豪雨 断水25万戸 死者157人 安否不明56人◆自民幹部 5日夜の飲み会を釈明 西日本で大雨さなか◆殺傷方法本を押収 交番襲撃の元自衛官宅◆クロアチア代表 セルビア首都「燃えろ」と叫んだ …

no image

2018.6.29 武田邦彦、須田慎一郎【虎ノ門ニュース】

目次◆NHK 安倍首相の答弁つなぎ合わせか<ネットで話題のニュース>◆東京都 受動喫煙防止条例が成立 国より規制厳しく◆首相 拉致議連申し入れ書受理 日朝首脳会談「解決に資する」◆須田慎一郎の社会の裏 …