今日は誕生日!プレゼントを受け取る前に思い出してほしいこと。

IGARAMブログ

 

皆さまが、この地球上にお生まれになって、このブログを覗いてくださっているということは、

みなさんには誕生日があるということです。

そんな誕生日について、私が思ったことを書きます。

誕生日のパワー

広辞苑によると・・・

【誕生日】
・生まれた当日。また、誕生の記念日。

そのまんまですね。

 

なぜか無条件に特別な日に感じますよね。

これは、幼いころから誕生日にプレゼントを買ってもらったり、ケーキを買ってくれたり、特別感を演出してくれたからではないかと思います。

 

でも、私は幼いころから、

【誕生日に「ケーキ」ってなぜ?もしかして洋菓子屋の戦略か?】

【自分が生まれた日を祝う必要はあるのか?何が特別なのか?】

とか考えたりしていました。

 

素直じゃなかったんです。

 

しかし、心の中でそのような疑問をもちつつも、

プレゼントを貰ったり、普段は交流がない友達からもSNSでお祝いの言葉を貰えたりするとやっぱり嬉しいです。

便利な世の中になったものです。

その時だけは主人公になれた気がしますよね。

 

私の誕生日は4月のため、

学生の頃は、誕生日が春休み中であったため、学校で祝ってもらうことがなく寂しい想いをしていたのはいい思い出です。

 

誕生日は祝ってもらってばかりではいけない。

しかしながら、私はあるとき考えました。

 

「貰ってばかりではなく・・・与えなくては。」

 

貰うものと与えるもののバランスが等しいことがベストだと考えています。

ギブアンドテイク。ペイフォワード。

貰ってばかりだと釣り合いが取れません。

誕生日は、プレゼントを貰ったり、おめでとうと言ってもらったり。

嬉しいので受け取りますが。笑

 

では自分には何ができるか、と考えた。

では自分に何ができるか。

与えることができるか。

考えたところ・・・

 

やはり、両親に感謝をすることです。

自分の誕生日ということは、

母がお腹を痛めた日でもあり、父がソワソワした日でもあります。

ここは忘れがちになってしまうのではないでしょうか。

 

両親にそれを言ったら。

変な子、って言われましたが笑

それに気づいてからは自分の誕生日に両親に何かを送るようにしています。

 

いつも貰ってばかりで、忘れていませんか?感謝の気持ちを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました