IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

会社の悩み

社会人の目標

投稿日:2018年8月22日 更新日:

さて、学生生活を終え、就活を終えて無事に入社した皆さん。

社会へようこそ。

(ようこそ、と言えるほど経験もございませんが・・・。)

皆さんは、社会人生活にどのような目標を持っていますでしょうか。

・お金を集めてしたいこと、欲しいものがある。
・スキルを身に付けて独立したい。
・なんとなくゴールに思える。
・さっさと結婚して安定した生活をしたい
・なにも思わない。

などなど。様々な思いを抱いて入社してくることと思います。

ちなみに私は、「なんとなくゴール」に思っていました。

いわゆる、バーンアウトですね。

定年まで40年・・・何をしよう。ってずっと思っていました。

社会人には、敷かれたレールがない

今の日本は一般的には、

義務教育 → 受験 → 大学 → 就職活動 → 企業に入社 → 定年まで勤める → 老後

という流れになっています。

生まれてから20歳くらいまでは、恐らくほとんどの方が、
親の言うことや周りの流れに合わせて来たのではないでしょうか。就活が良い例です。
みんな、同じ時期に同じ服を着て、同じ経験をしていきます。
そして社会人になっていきます。

しかし、社会に出ると、
仲が良かったみんなとは離れ離れになり、違うことをしなければなりません。

同僚や先輩は価値観が大きく違うこともあり、

自分自身は何なのか。

やっと本当の意味で見つめ直すことになるのではないでしょうか。
就活をしているときにも自己分析をしますが、

働いてみないと、本当のことは分からない。

多くの方がこのように思ったのではないでしょうか。

ここから次のステップまで40年。
途方もない闘いが待ってます。

なんとなくでも過ごせてしまう。

未来に不安を感じる人は多いと思います。
だから、何かスキルを身に付けたり、意味のある事を求める傾向にあるのではないでしょうか。
未来に役立つ何かを。
モノからコト消費です。

でも現実は、日本の高度な義務教育のおかげで、

何となくでも仕事ができてしまうのです。

大方の業務は、平仮名とカタカナ、小学生レベルの漢字と四則演算ができればこなせてしまいます。
しかも、わからないことは先輩が教えてくれる良い環境です。

年金や貯金、賃金や労働時間などよりも、
この、何となくでも仕事ができてしまう状態が一番の問題だと私は思います。
なんとなくこなしていたらお金を貰えて、家に帰ってのんびり好きなことをして。

それの繰り返し。

この安定して刺激の無い状態が、若者の情熱を覚ましているのではないかと思います。

どのように考えるべきか

では、そのような状態からどのように脱出したらよいか。

それは、

自分で考えて行動することです。

人に頼るのはやめましょう。

先輩の経験は、参考にはなりますが役には立ちません。
時代はすごく変わってきているのです。

先輩の経験を自分流にアレンジするしかありません。

働き方改革と称して労働時間を減らし、休日を増やしていますが、

企業は、もう社員の人生まで面倒を見ません。

と言っているのです。
自分でなんとかするしかありません。

目標は皆さんの中にしかないので、各々で考えていただくしかありません。

目標にしてはいけないこと

逆に、目標にしてはいけないなと思うことがあります。
先程も少し触れましたが、私が日ごろ大事にしていることで、

先輩の経験や話を鵜呑みにしてしまわないことです。

今の時代、求められるスキルが違います。
管理職や経営者になる方は、実力を認められその地位にいるのでもちろん尊敬できます。

しかし、実力を認められたものですから、指導者は自身の経験を元に後輩の指導に当たります。
時代についていけている先輩というものは稀です。
従って、旧時代の感覚で指導に当たられるので、話を鵜呑みにしていたらあまり役に立ちません。

もし役に立っていると思っても、それはその狭いコミュニティでしか通用しません。
家族的なつながりを重視する以前でしたら通用したかもしれませんが、グローバルに広い視野を求められる現代には通用しません。

そして、私が一番言いたい重要なことは、

その諸先輩方はプロのサラリーマンであって、それは自分が目指す姿なのか。

ということです。

教えてくださっているスキルは全て、プロのサラリーマンになるためのものです。

お客様が言うことは絶対、上司の言うことは黙って頷く、空気を読んで行動する、正しい言葉遣いなどなど・・・

就活生もしっかり勉強してくることを、武装する、と言いますが、そこまで装備が必要なのでしょうか。
もちろん、しっかり勉強する姿勢も評価の一つです。
ですが、これを学べばよい、と鵜呑みにした人と自分で考えて行動している人はやはり違います。

その行動や考え方は自分の中から生まれてきたものでしょうか。

今一度考えていただきたいと思っています。

 

-会社の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネガティブな人はポジティブになれるのか

タイトル通り、 「ネガティブな人はポジティブになれるのか。」 について今回は考えてみたいと思います。 気づけば私は小学生時代からずっとネガティブ思考でした。 「自分は何をやっても意味が無いのではないか …

本当にブラック企業は悪いのか

  上司が残っていて帰りづらい、所定時間内に終わる業務量ではない・・・ 自分の会社はブラック企業ではないか そう思ったことはありませんか?   巷では、働き方改革をスローガンに、脱 …

感情のコントロールの仕方

目次皆さんは感情をコントロールしたいと思ったことはありませんか。そもそも感情って?解釈によって感情は変わる無駄な感情もある行動をみる 皆さんは感情をコントロールしたいと思ったことはありませんか。 ・気 …

no image

雑用は下の者がしないといけないのか

思うのです。 雑用は下の者がしないといけないのか。 しかし、私はこう思います。 気づいた人がするべき。そこに年齢は関係ない。 目次マネジメント不足の押し付けでも、下の者がしましょう年功序列経験はいらな …

no image

なぜ上司は無能なのか

会社の上司や先輩って、のんびりしているように見えますよね。 仕事や雑務を押し付けてくるだけで、一向に何もしない。 すぐ休む。すぐサボる。 明らかに自分より仕事をしていないのに、自分より高い給料をもらっ …