IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年8月

2018.8.24 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年8月25日 更新日:

◆8/26 須田慎一郎さんお誕生日おめでとうございます

◆米大統領 口止め料支払いで反論 周辺捜査は活発化

・トランプ大統領は、従来の政治家のように基盤を持ってきた人ではないので、面白くないと思っている人が多い。特にメディア。

・ロシアゲートもあるし、10年くらい前にトレーニングジムのロッカールームで女性差別の発言があった、など大々的に報道されたが、我々がそんな報道を受けて正常な判断をできるのか。(武田)

・この程度内容の報道をするということは、日本はアメリカの属国で我々の大統領ということだからだろう。中間選挙を見越してのこと。選挙干渉だろう。(武田)

・ほかのメディアで指摘などが無いからこの虎ノ門ニュースで流す必要がある。特に海外の情報は取材しておらずほぼ引用である。(須田)

・共和党の中からトランプ大統領に対する指摘などの自浄作用があってもよいが、そういった声や動きが出てこない。(須田)

・私は地球温暖化は進行していないと考えているが、アメリカ中西部の気温などは50年一定である。メディアはその情報を流さずに、一度だけ度を越した異常な部分をあたかも常態のように流す。それを受ける視聴者はその情報を鵜呑みにしてしまいフェイクニュースになる。私(武田氏)は科学者なので、新聞のデータではなく実際のデータを参照している。そうすると違いがわかってくる。(武田)

・知識が乏しい人ほど攻撃的になる。負ける危機感があるので先に攻撃するのだ。(武田)

◆米中間選挙 中国や北朝鮮・イランも干渉か

・選挙干渉という言葉は日本では、政府が選挙に干渉すること。明治には、警察が候補者を逮捕や殺害。投票券を配らないなど。だから、アメリカで言っているのは選挙干渉と言っていいのか。(武田)

・中国などはハッカーを使ってフェイクニュースを流したりして選挙結果を左右しようとしているが、先ほどの口止め料の件や、デモなどを報道し続けることで、特定の人を糾弾する方が選挙干渉だと思う。(武田)

・メディアはフェイクニュースを報じることによって快感を得ているのではないか。(武田)

・干渉というより工作である。韓国ではドルイドキング事件があった。ムンジェイン大統領が当選するように世論を誘導していったドルイドキング氏だが、ムンジェイン大統領がドルイドキングの息のかかった人間を大臣にしなかったので反ムンジェイン大統領運動をしたが捕まってしまった。今、韓国はその火消しにまわっている。(須田)

・アメリカのビルボードにKPOPがトップをとってしまった。韓国のハッカーの影響などあるのではないか。このように世論を動かすことは容易にされている。(須田)

・朝日新聞は、衆・参院選挙が近づいたら支持率アンケートを毎週のように行う。これは支持率を下げようとする意図が見え見えである。情報を受け取る側の見る目も養わなければいとも簡単に騙されてしまう。(須田)

・100年前にスペインのホセ・オルテガ・イ・ガセット氏はこれからは戦争が増える。民衆は付和雷同を好むから。なぜならば貴族は大衆とは違うから独自性を求める。大衆は周りと一緒になろうとする。大衆迎合型になる。戦争も煽ると皆そちらに動く。タバコは健康に良いという派だ、が批判してくる人は、大概タバコの害の勉強をしておらず聞きかじりである。(武田)

◆石破氏 9条改憲「緊急性低い」首相と対決色/石破茂氏に意外な「応援団」

・今回の総裁選は結果が明らかだが、政策論争をする場になっている。しかし石破氏は反安倍をしているだけ。(須田)

・憲法に関して、第9条が存在しても自衛隊は存在できると考えている。1957年の砂川判決で最高裁が判決を出している。最高裁は憲法の番人であると教えられているはずだ。集団的自衛権も政策の問題で憲法の問題ではない、とも言っている。自衛隊に関しての訴訟を起こしていない。年間5兆円のお金が使われているのにいくらでも訴訟はできるがやっていない。つまり日本国民が自衛隊を必要だと考えているということ。しかしなぜ、自衛隊が制服を着て街を歩けないのか。日本人のずるさではないか。平和が大切、というが誰かが文句を言ったのか。守り方が良いのかという議論のはず。

・個人の考えとしては憲法の改正はどちらでもよい、とにかく今まで日本を守ってくれた自衛隊に対して敬意を表することだけでも石破氏が主張してほしい。(武田)

◆米中 互いに第2弾関税発動へ 計5.5兆円分

・アメリカの世界に占めるGDPは66%、今では24%になっている。世界経済や貿易がどうあるべきか、ということがこの問題の底。特にアメリカの民主党政権は戦争を起こして継続してきた。しかしトランプ大統領はそれを断ち切ろうとしている。世界を牽引してきたアメリカではなくなった。(武田)

・中国は模造品をつくるし、技術を盗むが、アメリカは今まで無視してきた。それは世界の66%を占めていたから。しかし25%を切った今、公正な貿易を求めるようになってきた。今までのアメリカは不公平な貿易も容認していたが、それを止めていっているのである。(武田)

・貿易はお互いの得意不得意を補いあい資本を得意な方に特化できる。しかし勝ち過ぎてはいけない。相手の不得意分野を叩き潰したら良いのか。不幸になる人がいたらいけない。中国はやりたい放題をしてきた。今まで発展途上国だったので成熟するのを待とうという認識があった。その認識にまだ甘んじているのである。それをアメリカは変えようとしている。(須田)

・今回の関税は、中国の弱点。それは大量の外貨準備高。その準備高を背景に元を刷ってバラまいたので、準備高を削るために関税をかけた。慌てて中国が米中首脳会談をしかけたということは効いている証拠。ただトランプ大統領が不確定要素。これからどうなるのか。(須田)

・アメリカの貿易赤字は問題になっているが、アメリカが自動車を買うから赤字になる。日本に来たドルで材料を買い、余りはアメリカ国債を買う。だから資本収支では均等ではないか、という経済学者がいる。しかし、材料を買うのは日本人のためになるがアメリカ国債は日本のためにならない。ドルは現在日本に350兆円あるが、350兆円分を日銀が刷ってその自動車企業に配布したら、そこで初めて資本収支のバランスがとれているといえる。一生懸命働いても低賃金の理由はそこである。しかもそれを報道しない。NHKなんかは年収1600円程あるのでそんな危ないところには手を付けてこないだろう。(武田)

・アメリカの強いところは、何の価値も裏付けのないドルを発行して軍事、経済を回すことができること。

◆須田慎一郎の社会の裏(枕(営業) 色恋 本営 一網打尽)

・たのしんご氏の芸はホスト業界のものが元ネタ。「ラブ注入」→ラブラブどっきゅん、「ドドスコスコスコスコ」→ホストの掛け声。

・枕・・・そのまま。
・色恋・・・疑似恋愛。
・本営・・・本当に付き合うこと、身銭をもらう。
・一網打尽・・・千人切りを超えて万人相手すること。

◆お知らせ(DHC海洋深層水はオンラインストアで!)

◆トラ撮り!(武田邦彦氏:新幹線ホーム)

・店頭販売、コンビニなどで労働条件が違う。コンビニはクーラーがついている。暑いのに頑張ってくださっている。(武田)

◆トラ撮り!(須田慎一郎氏:紙ストロー)

・ロンドンでは紙のストローになっている。(須田)

・タバコ害の主張は北方から来る。北は生活が厳しいから男女差別が厳しいのでレディファーストが生まれる。南の方では女性が強いので無い。生存競争に勝つため北方は身長が高い南は低い傾向にある。北は道徳観念が生まれる。南では麻薬が流行る。しかし、南の方が正しい。食物が簡単に採取できる状態で余暇が生まれると麻薬が必要になる。そうなると麻薬は合法。麻薬も南のインド大麻は麻薬成分があり、日本で採れる大麻は麻薬性がない。日本では麻として使われインドは吸うことに使った。(武田)

・北方の人は、他人の行動を制限しようとしがち。タバコの匂いが臭いのは人口密度が高いから。自分の健康を害するからといって他人の行動を制限する。(武田)

・植物で種があるのかというと、北方では落ちても雪で成長できない。だから種を飛ばし適当な土地をさがす。南の方では種が無い。(武田)

◆障害者雇用の水増し 数千人規模

・政府が出すデータも、不都合なデータを省いて提出する。都合のいいように操作している人は実際にいる。日本人の誠実さが無くなっている。国民も、まさか国がデータを操作していると思わないだろう。(武田)

・国の推奨する研究をしたら助成金をいただける。そのお金で別の研究ができる。実際にそれをしている研究者はいっぱいいる。(武田)

・障碍者の雇用は必要だが、数字を提示しただけで各自治体に任せるのは無理がある。国は何か具体策を提示したのか。(須田)

・受動喫煙防止法が成立されたが、電子タバコに関しては従来の規制でいいのではないかと決定していた。次に政省令を作っていかなければならないが、電子タバコも紙巻タバコと同じ規制をかけようという動きが厚労省である。委員会のメンバーが反喫煙派ばかり。結果は見えている。国会で決定した法律がないがしろにされている。電子タバコは有害物質は微量、含まれているのはニコチンだけであるが、紙巻タバコより大きな問題にならないはずだ。(須田)

◆NHKが新ドラマ タイトルは「フェイクニュース」

・ネットはいいかげんだ、大手が正義と言っている。つまり自分が正しいと言っている。(武田)

・NHKの批判をしたらオファーが無くなった。国民の税金で運営しているのに、国民のためになる報道をしない。(武田)

-2018年8月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.8.16 有本香×自民党 高木けい 衆議院議員×居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆文科省汚職 前国際統括官を収賄罪で起訴◆強力ありもと(自民党 高木けい 衆議院議員)◆強力ありもと(北朝鮮拉致問題 特定失踪者)◆強力ありもと(特定失踪者問題調査会 荒木和博 代表)◆強力ありも …

no image

2018.8.8 上念司×須田慎一郎×居島一平×藤井サチ×伊倉愛美×土屋ひかる【虎ノ門ニュース】

目次◆野田総務相 閣僚給与返納へ 情報公開漏洩で◆東京医大入試不正 動機は寄付金 前理事長ら主導◆スルガ銀行元役員 第三者委 責任追及へ◆ネットで違和感の声「山根会長は原爆投下より大事なのか」◆蔡英文 …

no image

2018.8.20 青山繁晴×有本香×居島一平 【虎ノ門ニュース】

目次◆拉致交渉で新方針案浮上 政府◆閣僚靖國参拝2年連続ゼロ 終戦の日◆9条改憲「緊急性低い」 石破氏◆新元号 日本古典も選択肢 政府◆米中首脳11月貿易協議か◆トラ撮り!(Fuji 1000 end …

no image

2018.8.10 武田邦彦、須田慎一郎、居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆国連総長 長崎を最後の被爆地に◆石破氏10日に正式出馬表明 石破派は首相支持◆ボクシング 山根会長が辞任表明◆西川史子さん 東京医科大問題に持論◆視聴者アンケート「西川先生の持論に関してどちらか …

no image

2018.8.2 有本香、石平、百田尚樹、居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆有本香さんお誕生日おめでとうございます◆石破氏「総裁選よろしく」 岸田氏 石原氏らと会合◆米政権 対中制裁の強化検討 協議再開も模索/習近平主席母校の教授 共産党指導に反旗◆百田尚樹氏登場!◆石 …