IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年9月

2018.9.6 有本香×安倍晋三 首相×松井一郎 大阪府知事×居島一平【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年9月7日 更新日:

安倍晋三首相インタビュー前半

◆安倍晋三 首相登場

◆地球儀を俯瞰する外交

(阿部首相)訪問した国は全部で76か国。述べ130か国ほど。アメリカは唯一の同盟国なので最多。

◆アメリカ トランプ大統領 ゴルフ秘話

(有本)日米首脳ゴルフのスコアは国家機密だが、ハンディはあるのか。
(安倍首相)ハンディはないが、トランプ大統領はお上手。しかし私が勝つこともあります。飛距離で勝つ場合も。

◆G7各国首脳との交流

(居島)各国首脳で話しやすい人と話しにくい人はいますか。
(安倍首相)もちろん個人的な感情をお伝えすることはできませんが、各国首脳は同じ仕事、同じ苦悩をもっているので共通の認識を持ち合っているところもあります。また、長い間付き合うことが大事だと感じております。

◆10年以上の付き合い ドイツ メルケル首相

(安倍首相)メルケル首相とは長い付き合いで、表に出ないのも含め多くの首脳会談を行っておりお互い気心が知れています。例えば夕食会で、イタリアワインとドイツワインが出たがメルケル首相が「イタリアワインでいいよ。」と冗談を言い合ったりもします。もちろんドイツワインを飲みます。

◆トランプ大統領と築いた友好関係

(安倍首相)電話会談は6月までに23回も行っている。基本的に電話会談は用件だけ話すので15分から30分くらいだが、トランプ大統領とは1時間以上話すときもあります。

◆第二次安倍政権で変わった日米関係

(安倍首相)日米は助け合わなければならない、と言われながら実現することができなかった。しかし、第一次安倍政権のときに平和安保法制を実行・実現することができた。これが評価されるに至ったのだと思います。それが選挙につながり大勝することができたことにより、海外も長期政権を認めてしっかり接してくれるようになった。そして広島、真珠湾を訪問するに至った。

◆ロシア プーチン大統領の意外な素顔

(安倍首相)今まで21回首脳会談行っている。プーチン大統領は世間のイメージとは違った面があり冗談も飛ばす人です。

◆北方領土問題 解決に向けて

(有本)安倍首相とプーチン大統領の関係は非常に良い。日本の政治家でプーチン大統領が1対1で会うのは安倍首相と森元首相のみと言われているが、北方領土問題は安倍政権の時でなくては解決できないと言われております。そこをどのようにお考えでしょうか。
(安倍首相)70年経っても領土問題が解決していない、平和条約が無いということは異常であるという認識はプーチン大統領とお互いに持っている。もはや4島に住んでいる日本人はいない。70年も経つと代を継いで過ごしているロシア人がいる。今までのアプローチでは解決できない。そこに住んでいる方にも、日本に帰属が変わることについて理解をしていただかなければならない。プーチン大統領も国内で国民に理解を得てもらわなければならない、と長門で合意をしました。日本の企業とロシアの方々で協力し、日本の企業に良い印象を持っていただき極東の発展のために資する。ODAとは違いビジネスベースで融資をしながら発展していこうと考えています。

◆北朝鮮による日本人拉致問題

(有本)日朝会談もありきだと思うが、今後どんなアプローチをされていくのでしょうか。
(安倍首相)被害者ならびにご家族の方みなさんがお年をとってしまった。みなさんがお元気な内に再会を実現させたい。しかし、そう簡単なことではなく被害者の一人も帰国できていないのが現状です。先般の米朝会談でトランプ大統領から金正恩委員長に私の考え方を伝えてくれた。次は、私自身が金正恩委員長と向き合い解決していく決意です。

(有本)近い将来、期待をしていいのでしょうか。
(安倍首相)今の段階ではお答えはできないが、平坦の道ではないが、あらゆるチャンスを捉えていきたい。

◆安倍総理の素顔に迫る!

(有本)子供の時から政治家を目指していたのですか。
(安倍首相)通常は、野球選手や警察官など、そして父親の職業になるのだろうが私の場合、祖父、父が総理大臣だったので意識しないことはなかった。

◆実は映画監督になりたかった!?

(安倍首相)映画が好きなので、自分自身では映画監督をしたらヒットできるのではないかと自負している。好きな映画では百田氏の「永遠のゼロ」「海賊と呼ばれた男」など。古い映画では「卒業」などが好きです。

 

スタジオ①

◆北海道地震 関西台風被害に関して
◆今回の取材と北海道地震後のインタビュー公開に関して

(有本)3日の収録なので、災害の件でとやかく言わないでいただきたい。また、スタッフも徹夜作業でこのインタビューをまとめてくださった。その間に地震があったので、放送を迷ったがせっかくの機会なので流すことにしました。災害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

◆北海道で震度6強 民家倒壊も

◆総務省消防庁ツイッター( @FDMA_JAPAN )

 

安倍晋三首相インタビュー中盤

◆アベノミクス6年間の成果

(有本)地方でもアベノミクスの恵みを実感を得ていただけるためにどんなことをお考えでしょうか。

◆目指したのは“日本を取り戻す”

(安倍首相)6年前は行き過ぎた円高で何を作っても競争に勝てない。企業は海外にでてしまい、中小企業はついていけず連鎖倒産が日本を覆っていた。有効求人倍率は0.5しかなかった。私たちが目指したのは日本を取り戻すこと。誰にも働く場所があるまっとうな経済を取り戻す。それを目指して現在は、有効求人倍率が1倍を越え過去最高水準を迎えた。だが地方はどうか。東京が一人勝ち的に成長して地方にはいきわたらなかった。しかし、すべての都道府県で求人倍率が1倍を超えた。そして地方税も過去最高になった。地方の企業の法人関係税収は政権交代前より3~4割増えている。例えば福井県では有効求人倍率が1.7倍、富山でも1.6倍。着々と成果を上げていると思っております。

◆地方を支える農林水産業「攻めの農政」

(安倍首相)地方を支えているのは農林水産業。攻めの農政で農家の手取りが増えていくように展開してきた結果、生産農業所得が18年間で一番高く3兆8000億円となり、40歳代以下の若い就業者が4年連続で2万人超えた。これは統計を取ってから初めてのこと。
海外への農林水産物輸出に力を注いできたが4500億円が8100億円まで増えてきた。

◆飛躍的に増加した外国人観光客

(安倍首相)800万人から2800万人まで増えてきた。旅行客が使うお金は日本人は5万円、外国人は15万円。インバウンド効果は4兆5000億円。これをさらに4000万人に増やしていきたい。

(有本)第一次安倍政権からアベノミクスの原型のようなものを考えられていたのでしょうか。
(安倍首相)あの時は、3本の矢などの成長政策はしていたが金融緩和などのマクロ政策はしていなかった。

◆第一次安倍政権終了後 原動力となったもの

(有本)第一次安倍政権から第二次政権の時までに、マクロ経済政策について徹底的に勉強されたと伺いました。その原動力は何でしたか。
(安倍首相)突然の辞職は多大なご迷惑をおかけし、大変な批判を浴びました。政治家を続けることができるかどうかまで追い詰められた。前総理として漫然と政治家をしていくのでは意味がないだろうと考え、次の選挙で圧倒的支持を得ることができたら、更なる挑戦をしようと考えていました。民主党政権時代、デフレ不況の中、経済はどん底だった。ずっと議論はしていたが、いろいろな方と出会い話し合っていくうちに、いままでのマクロ政策が間違っていたのではないかと思うに至った。世界各国の金融政策、マクロ政策とは違うと。これを実現するためには総理大臣にならないと無理かと思ったので再起を決意しました。

◆再起の裏には支えてくれる人々との強い絆

(居島)5年間のうちに総理を支えたエネルギーとは。
(安倍首相)民主党政権になったこと。総理を突然辞職をいたことで自民党の信用を失ってしまった。そして、そのきっかけを作ってしまったのは自分だ。しかし、同士から支持をいただいて決意をしました。結果、自民党は一度失敗をした私を総裁に迎えてくれたのは寛大な党だと思う。
私を支持することによってメディアから批判を浴び、政治的にも、人気の面でもメリットは無いのだがそれでも私を支持してくれるのはありがたい。岩盤規制に立ち向かうには強い絆を持った皆で対応しなければならない。

◆“攻めるべき・守るべき” 地方の農業

(安倍首相)地元の山口で公開戦車で走っていた時に、農業に従事されていたお父さんと挨拶を交わした。その大きな手が日本を守ってきた。日本の農産物はおいしいです。高いですが。しかしそれを必要としてくれてる人がいます。例えば和牛は輸出が4倍増えた、リンゴは3倍。輸出できないと思われていたがそれができた。農業は様々な条件があるので米、牛肉、豚肉、乳製品などは守っていかないといけない。TPPを進めていく上でまだ心配なところは関連政策大綱を作成して基盤強化をしていきたいと思っている。牛や豚などの価格が急に下落した時に8割の補填を9割に引き上げるなど農家の方々が不安にならないよう再生産が可能になるようにしていきたいと考えています。

◆外国人労働者の受け入れ政策

(有本)安倍首相支持が9割以上の虎ノ門ニュース視聴者ですが、そんな視聴者でも不安な声が多いのは外国人労働者を受け入れることについて。本当に作って運用ができるのか。
(安倍首相)はっきりさせたいのは、安倍政権では移民政策はとらない。私たちが行う外国人人材の活用は一定の専門性や技量を持った即戦力となる外国人を、一定の期間を設け家族の滞留を認めないというカタチで能力を発揮いただくというものです。いままでは技量の実習だけだったが就労というカタチで従事していただく。人手不足が成長の阻害となって皆さんの不安となっている。そこでちゃんとした管理ができるのかという問題だと思いますが、入国在留管理庁(現在の法務省入国管理局を「庁」に格上げし取り締まりを強化)という庁を新たに作ってちゃんと管理していきたいと考えています。入ってくる人と受け入れる人双方がハッピーになれるようにしなければならない。

◆社会保険制度を悪用する外国人労働者

(安倍首相)差別があってはいけないが、適正な運用が大切。早速本年から加入要件を厳格にしている。絶対に不正は許さないという姿勢です。

 

スタジオ②

◆今回のインタビューに関して

(有本)百田さんが今回プロデューサーとしてご参加いただいた。本当は朝8時にこのスタジオで生出演を依頼したかったが、日程がお忙しい。本当は収録も9/3の週後半にする予定だったが、総裁選の告示よりも前にしたいということで早めた。自民党総裁選は公職選挙法が適用されないので問題ないのだが、それに準じようということで告示前に収録、放送をした。百田さんも、自分が出ると話の中身以外で炎上する可能性があるということで自粛された。台本も修正いただいて立ち合いもいただいた。実は探偵ナイトスクープの会議を休んで収録に来てくださった。
スタッフの方々もグラフなどをいれてわかりやすくしてくださった。
重ねて言うが、これは災害前の収録で現在は全力で災害対応をしてくださっているのは認識いただきたい。
また、時間が無く質問できなかったものがあります。中国との関係、消費税増税について。本当にやるのかどうか。これについては、お答えいただく暇があるかわからないが、総裁選告示後に文書で問いかけていきたいと考えています。

◆新たな在留資格で検討会 外国人受け入れ議論
◆「拉致は外交ではなく命の問題」 埼玉で集会

(有本)80年代当時、被害者のご家族の訴えを聞いたのは安倍晋太郎の事務所で、対応したのは秘書だった安倍晋三首相。石破氏は拉致問題があるから日朝関係改善が進まないと言っている。あり得ない考えだが、国会の中でもこういう意見も通っていることが残念だ。タイトルにあるように拉致問題は外交問題ではない。
(居島)文化人の中でも、植民地支配していた時の強制連行と同じと考える人がおっしゃっているのだが、同一にするのはどうかと思う。

◆取材エピソード

(有本)総理にタイトルコールをしていただくために1時間も早く入っていた。実はクーラーが無く暑かった。

◆視聴者からのメール(虎ノ門ニュースなら印象操作をしないので安心して話せますね)

◆視聴者からのメール(サラサラした涙が出てきました)

◆安倍晋三 首相の人柄について

(居島)総理の印象は、波が押し寄せるようなイメージ。上からのイメージが全くない。

(有本)安倍政権を支持するかどうかのアンケートで反対派は、人柄が信用できない、というが、人柄が問題というのがよくわからない。

◆尖閣諸島のお天気

◆共産 小池晃書記局長 首相の自衛隊訓示を批判/首相 総裁選へ「5つの決意」 特設サイトで訴え

(有本)憲法尊重擁護義務を土足で踏みにじる暴言。意味が分からない。以前何かの番組でご一緒した時、北朝鮮の問題についてお考えを伺ったが、日本国内における北朝鮮と関係する組織に対して聞いたら口ごもった。また、今までかけた制裁はどうかと聞いたら十分だとのこと。何か案があるのかというと、何もない。
憲法を守ることが何よりも大事、と言いたいのだろう。安倍首相や政治家が自分の考えを言ったらいけないのか。

(有本)以毒制毒にも掲載したが”6年前「石破だけはダメだ」と麻生氏”だったようだ。安倍政権は麻生氏が支えている面も大きいと思う。

(有本)地方票は分からないが、石破氏へ議員票が集まらないのは過去の行動をみればわかる。麻生内閣の時、石破氏は閣僚だったが麻生降ろしに加担した。与謝野馨氏は民主党が政権をとったら民主党に行ってしまった。

(有本)去年の総選挙の時に、石破氏が希望の党と一緒になって大きい野党連合ができたら石破氏を担ぐのではないかと実際に本人に聞いたら、そんなことはあり得ないと言っていたが、実際の選挙では小池都知事は石破グループのところには対抗馬をたてていない。本当に希望の党を中心とした野党連合ができていた場合、そこに石破グループが乗っかって石破氏を持ち上げる筋書きもあったのではないか。その野党連合の中には前原議員もいて、昔の仲間ではないか。

 

安倍晋三首相インタビュー後半

◆安倍総理に聞きたい!「憲法改正」

(安倍首相)仲が悪かった自由民と民主党が結党したのは、このままじゃ日本はダメだとおもったから。戦争に負けて外国につくられた憲法をずっと使っているという事態に危機感を感じているから。

◆「憲法改正」自衛隊の正当性を明確化すべき

(安倍首相)毎年、防衛大学の卒業式に出席し、服務の宣誓をしているが彼らはこの宣誓にしたがって国民のために動いてくれている。しかしまだ自衛隊は合憲だという方は2割しかいない。自衛隊を明記して合憲にし正当化し、誇りをもって胸を張って働いてもらうことが根本だと思う。それが我々政治家の役目だと思っています。

◆虎ノ門ニュースをご覧の皆さんへ

(安倍首相)来年には皇位の継承もあり、また初めて日本でG20サミットが開催される。そしてその先には東京オリンピック・パラリンピックがあります。日本は大きな歴史の変換転を迎えている。まさに今こそ日本の明日を切り開いていかなければならないと思います。皆さんとともに新しい国造りを進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

◆安倍首相の自民党結党時の発言に関して

(有本)ひとつ総理が違うことをおっしゃった。55年体制ができたとき、つまり自由民主党ができたとき。結党の時の目標、経済的に豊かになること、自主憲法の制定。しかし自主憲法の制定と安保条約の改定だった。この安保条約の改定は総理は意図的に言わなかったのだろう。おじい様が実現された政策なので自慢に聞こえないように気を付けたのではないか。そのことからお人柄が伺えます。

◆松井一郎 大阪府知事 電話出演(台風被害の現状について)

(松井知事)全力で復旧させたい。着々と復旧はさせているが、関空の連絡橋がずれているのでこれは時間がかかりそうだ。その他の日常に支障がないライフラインは取り戻している。災害続きだが、避けることができないので対策しっかりして備えたい。

(松井知事)今年11月に大阪万博が決まるかどうかなので、ご支援をお願いいたします。大阪はお越しになられてもご不便はかけませんのでよろしくお願いいたします。

◆関西電力株式会社 送配電カンパニー担当 高市和明氏 電話出演(関西の電力給電状況について)

(高市)現在28万件、述べで218万件。復旧はしてきたが、地域的に大阪南部・北部・阪神・和歌山市・田辺市地域が集中的に停電している。見通しは現場に近づけないところを除いて、明日(7日)には復旧すると考えています。

(高市)お願いしたい停電の状況だが、ツイッターやフェイスブックで広報しているのでご確認いただける。電線が垂れ下がっており危険な箇所もありますので近づかないようにお願いしております。

(高市)中国、四国、九州電力から支援をいただいて復旧に向かっている。関西電力内部だけでは賄えない大規模なものだった。

(有本)総裁選は決まったものではないかと思うが、これから3年、憲法改正、本当の意味で日本を取り戻す、外国人労働者をどう進めるかについて、またご出演いただいて聞きたいと思う。

◆現在の総務省消防庁の情報について

 

安倍晋三首相インタビューおまけ

◆安倍総理の取材を終えて・・・

(居島)月並みですが、やはりオーラがありましたね。

(有本)明るい方ってイメージがある。日本を背負う人は明るくないと。

-2018年9月
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.9.7 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆視聴者からのメール(台風被害で使えなくなった太陽光パネルの処理は?)◆台風21号 死者11人に/北海道地震 厚真町震度7◆関西国際空港の被害と問題について◆地震調査研究関係予算概算要求の概要(平 …

no image

9/21(金) 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆自民総裁に安倍首相3選 石破元幹事長破る◆消費税増税 確実に実行を 日商会頭◆沖縄県庁に玉城デニー氏のポスター 県選管「公選法違反の疑い」◆立憲民主党 参院比例で女性4割擁立へ 活動方針案判明◆ …

no image

2018.9.3 青山繁晴×居島一平 【虎ノ門ニュース】

目次◆日米首脳 25日にも会談へ 北朝鮮で連携◆日中が首相公式訪問で合意 10月23日軸◆空自とオーストラリア軍 国内初訓練◆潜水艦に #女性自衛官 起用へ◆防衛費 5兆2986億円 過去最大◆斬って …