IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

2018年9月

2018.9.7 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

投稿日:2018年9月9日 更新日:

◆視聴者からのメール(台風被害で使えなくなった太陽光パネルの処理は?)

・今の学問では弱いエネルギーから強いエネルギーにできないため否定されている。パネルはシリコンで作られており廃棄に毒性は無いが規制があるのでそれに従うべき。また、建築基準法に従ったパネルが設置されていれば飛ばなかったはず。(武田)

◆台風21号 死者11人に/北海道地震 厚真町震度7

・これは人災だとお話をしたい。台風は945hpa位で伊勢湾台風や狩野川台風などよりも小さいものだった。建築基準法やその他の日本の防災法律は今回の暴風について話すと、大阪や山形では風速32~33m/秒、沖縄や高知は45~46m/秒で50年に一度来ると考えて設計している。これは基準風速とです。この建築基準法をクリアしていれば今回のようにモノが飛ぶことはなかったはず。(武田)

・設計者は通常、基準風速に安全係数をかけるはずで3倍、緩くても2倍にしているから80m/秒の耐性があるはず。最大瞬間風速は70m/秒と言われているがそれは一部の地域。屋根が飛んだりするのは違反建築か手抜き工事。メディアのアナウンサーは台風のせいにする。日本にくる台風は命の危険が生じるかどうかが基準になってしまっている。(武田)

・野上川が氾濫したが雨量が113mmで、気象庁は史上最高と言った。活発な梅雨前線は400~500mm。100mm程度で氾濫していたら生活できない。だがなぜ日本はしっかり工事ができお金もあるのに災害が起こるのか。気象庁やNHKが個人に呼び掛けるから。自治体などあるのに個人に呼び掛けるのは発展途上国の考え方。(武田)

・それは、一つ一つの判断が科学的ではないから。酷かったというが、どのような基準から言っているのか。建築基準法にしっかり則っていれば災害はなかったはず。(武田)

・今年の気候による災害は、雨量や風量の数字からみると死者を出してはいけないレベル。つまり死者が出てしまったのはすべて過失致死罪である。これを誘導したのは報道。逃げなさいではなく、あなたは逃げるべきか。と問うべきだった。50年に一度越えるかどうかを報道するのか重要。なぜ史上最高というのかというとアメダスごとにいうから。(武田)

・温暖化対策で80兆円投入されている。CO2が原因だとしてもアメリカや中国がCO2を削減していない、日本は3.8%しか出していないが0%になっても変わらない。80兆円は甘い汁を吸う人に渡るだけ。今回、熱中症で亡くなった方がいらっしゃるが、これも過失致死罪である。1988年から30年対策を打って少しも改善されていない。1988年に予想した、何も対策をしなかった場合と同じ上がり方をしている、つまり80兆円無駄だった。私が10年前に言っていたのは、CO2の削減ではなく、避難所やクーラーをつけたり堤防を高くしたりすべきである。80兆円を投入して改善していたら災害で人が亡くなっていたはずはない。本来、国会で討論すべきだがモリカケなんかをしているからできていない。(武田)

・地震は予知できないことは、地震予知委員会発足前よりわかっていた。プレートを引っ張る力ときっかけになる傷の二つのエネルギーが必要。地盤エネルギーが溜まっているから。と言われるがそれだけではない。エネルギーはセンサーで分かるが傷はわからない。だから南海トラフが起きない。(武田)

・今回の北海道地震は東北地震の100倍威力が弱い。地震の大きさと人間の被害は関係ない。(武田)

・(地震予測マップをみながら)近年の大きな地震は熊本、島根、大阪、新潟、東北、北海道。南海トラフが予想されているが確立が低いところから起きている。確立が高いところが次に来るから予測になる。この地震マップは間違っている。(武田)

◆関西国際空港の被害と問題について

・地盤沈下の問題。タンカー衝突の交通網遮断の二つの問題がある。結果的に関西空港は関西の経済の中心だった。それがフル稼働しないとなると大阪の経済に大打撃ではないか。大阪では戎橋が経済の中心となっている。今まで梅田や北新地だったが逆転したのは関空の功績が大きいと思うので影響があるのではないか。(須田)

・関空は作った当初から地盤沈下が発生していたので設計ミスではないかと言われていた。オリックスとヴァンシがファンドを組んで買い取った。

・関空の価値はどれだけ利益を出せるのかということ。離発着量が重要だが次に、4割を占める駐車料。2割ほど空港内の物品販売や賃料。しかし中心は空港の離発着量の予想で関空の価値が決まるのかというのかというとそうではない。ネガティブな要因で、暴力団との付き合い、同和問題の対策がされているか、漁協との問題。これらは表で公表できないもの。地盤沈下のリカバリー予算を表ですると責任問題になってしまうので裏でやるもの。でも地盤沈下は裏でも議論にならなかった。あまりにも価格が低くなると問題追及されるから。

・関空が公営でうまくいかなかったのはコストをかけてしまた。海上運営に加え、建物を建てるのにも大きな金額がかかるデザイナーに頼んでしまった。こんなにコストかけたのに多額の損失を発生させている状況。しかし、地盤沈下を無視して第一ターミナルの建て替えを考えている。誰も地盤沈下について言い出せない。(須田)

・関空は欠陥空港。アクセスが1本しかないのは普通に考えておかしい。(須田)

・毎日、報道量が多いのに発言が規制されることが多い。中国より日本の方が報道規制が強いと考えている。中国は事実が流れてこないことがわかっている。日本は大事なことを流すことができない。正しいことを言った方に矢が飛んでくる。(武田)

・大阪北部で発生した地震の地域は予想マップでの発生率は0~0.03%だった。地震予知連に聞くと、地震はどこでも起こりうる、だそうだ。

◆地震調査研究関係予算概算要求の概要(平成31年度 政府全体65億円→106億円)

・しかし、予算概算要求は106億円。昨年65億円。予知できないのに。間違った研究すると死者がでるから予算が増える。福島原発も6mを越す津波は来るといわれていた。地下に電源を置くという愚かなことをしている。技術があってもできない。原子力委員長に言いに行ったら、役員を固められ身動きができないと。報道統制、決定に統制があるとのこと。(武田)

◆埋め立て土砂と青木あすなろ建設

・そもそも関空も海上に作ることが適切だったのか。土地はあるのだから陸に作ればよかったのではないか。埋め立て用の土壌は当時の竹下登氏に近い青木建設が引き受けた、土砂を提供する地主が儲かる。

◆【小池都知事記者会見】プラスチックストローに代わるアイデア募集

・せめて日本周辺の海洋ゴミは中国の物です、と言うべき。日本ががんばっても意味がない。科学的に言えば元々生物の死骸でプラスチックは炭素結合。Cは生命の元だから生命にとっては価値の高いもの。年間800万トンも流れているのにプラスチックは水よりも軽いので海水面に無い。(武田)

・本質は海洋投棄が問題。東京都が海洋投棄しているのか。投棄している中国に言えばよい。(須田)

・アイデアって、紙か竹かなんてことを募集するのか。それよりもオリンピックの整備をしっかりすべき。こんな都知事は未来に禍根を残しそう。(須田)

・流行りものに馬鹿なみに飛びつく。もう少し賢かったらよいが。選んだ我々も反省すべき。(武田)

◆米の対中赤字 過去最大 制裁関税効かず

・トランプ大統領の保護貿易は賛成。人間はお金だけで生きているわけではない。誰も働かなかったらお米も作られず食べ物がなくなる。日本も勤労の義務もそういうところからきている。(武田)

・かつての日本は世界が日本に対して攻撃してくるのかわからなかった。なぜ人々にとって喜ばれるものを作って批判されるのか、それに気づくまで時間がかかった。貿易は圧倒的に勝ってしまうと相手国の購買力がなくなってしまうため持続可能なWIN-WINの貿易をしなければならない。(須田)

続きは後日更新します・・・

◆武田邦彦の虎ノ門サイエンス(サマータイムの科学)

・サマータイム実施国、赤道付近が実施しておらず北と南に寄る国に多いのか。地球は30°がきりが良い。バナナは30°以下でしかとれない。ロンドン北緯51°で太陽が斜めから当たるため日の出時刻が季節によって4時間くらい変わる。日本は30分ほど。(武田)

・明石を日本標準子午線にしてしまったのだが、東京や東北の北に延びる東京や根室あたりに子午線をもってきたら、九州へも1時間くらいしか変わらない。(武田)

◆トラ撮り!(武田邦彦氏:奥飛騨田中牧場)

◆トラ撮り!(須田慎一郎氏:ロンドンのリカーショップに国産ウイスキー)

◆テニス 大阪と錦織が準決勝進出 アベック4強は四大大会初

・前に世界サッカーで日本がベスト16に入ったが、白人と南アメリカの人の中に日本人はすごいこと。サッカーはお金のかからないスポーツだがテニスはお金がかかる白人のスポーツだったがそこに日本人二人が食い込んだ。日本人は優れた人種ではないか。工業製品がすごいく、ノーベル賞もアジアで多い、サミットでも白人の中で安倍首相だけ、サッカー、テニス、ウィスキー、漫画。沢山あるじゃないですか。外国人に真似事をすべきではない。正直である、品位をもつ。スポーツでも道を大切にする。契約金なんて報道すべきではない。(武田)

・テニスは決してメジャーのスポーツではないが、そこは世界に通用しなかっただからだが、お金は渡すが自由にしろという企業が多かった。ユニクロも一貫して支持してきたのは評価できると思う。(須田)

◆沖縄県知事選で初の討論会 佐喜真氏と玉城氏

・玉城デニー氏が優位な報道が目立つが、沖縄は保守4割、革新4割、残り2割。今回は沖縄出身であるが野党を前面に出しており革新派である。中央政界との絡みが必須だが共産党の扱いなどはどうなるのかという見方であるが、与党側は自民、公明党は幹部を送り込んで、そこに日本維新の会が絡んでくる。保守、革新共に残り2割の層を取り込むためには辺野古移設、普天間基地の除去・返還を主張するだけで良いのか。国民は経済の方も重要視するのではないか。現地住民の方からすると経済は大事なハズなのだが、なぜそれが報道では見受けられないのか。(須田)

・沖縄の知人をみても沖縄の人の本心がわからない。日本の政府が沖縄を地方としてみている感が伝わっているのかもしれない。(武田)

・立憲民主党が沖縄県連会長に有田芳子氏を構えた。基地問題に重点を置いて過激な方向に舵を切ったということ。これが県民の支持をどれだけ得るのか興味深い。(須田)

◆視聴者アンケート「沖縄県知事選どちらが当選すると思いますか?」
佐喜真淳氏  90.3%
玉城デニー氏   9.7%

◆就活ルール 見直し協議へ

・大学生を子供扱いするのを止めた方がよい。アメリカの大学生は4年制でも平均的に5年ほど滞在する。1年間は自由な勉学をする。南カリフォルニア大学では4年で卒業する人は4%、5年で19%。日本はストレート組しかとらない。18才なのだから個人の判断に任せるべき。多少大学に長くいても良いのではないか。(武田)

・日大アメフトの問題の件でも言ったように、大学は生徒の意志に任せて生徒がしたいことをアシストするもの。学校が守るのは高校まで。アメフト問題の生徒たちは、自分たちが悪いと考えるのが筋。(武田)

・アメリカでは一般企業で10何年働いてから大学に入って学ぶこともよくある。しかし、日本では終身雇用、年功序列を続けてきたがとっくに崩壊している。これを残すことは無い。そもそも就活ルールあること自体がナンセンス。(須田)

◆「朝日新聞社幹部 知人女性に不適切な言動」と朝日新聞が掲載

・朝日新聞が朝日新聞の不祥事を掲載した。騙されてはいけない。朝日が嘘をつかないということの布石。タグで回避している。朝日は2006年からデータベースをのぞけないようになっている。そんな朝日新聞を信用してはいけない。きな臭い。(武田)

-2018年9月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018.9.3 青山繁晴×居島一平 【虎ノ門ニュース】

目次◆日米首脳 25日にも会談へ 北朝鮮で連携◆日中が首相公式訪問で合意 10月23日軸◆空自とオーストラリア軍 国内初訓練◆潜水艦に #女性自衛官 起用へ◆防衛費 5兆2986億円 過去最大◆斬って …

no image

2018.9.6 有本香×安倍晋三 首相×松井一郎 大阪府知事×居島一平【虎ノ門ニュース】

目次安倍晋三首相インタビュー前半スタジオ①安倍晋三首相インタビュー中盤スタジオ②安倍晋三首相インタビュー後半安倍晋三首相インタビューおまけ 安倍晋三首相インタビュー前半 ◆安倍晋三 首相登場 ◆地球儀 …