IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

読書のすゝめ

福沢諭吉「学問のすゝめ」

投稿日:2018年9月14日 更新日:

 

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」

誰もが皆、耳にしたことのある言葉だと思います。

皆さんはこの言葉の意図をご存知でしょうか。

もちろん、文字通り「神様はみんな平等に造りました」と言っているのですが、

福沢諭吉先生が言いたいことはそれだけではありません。この言葉はあくまでも冒頭の掴みなのです。

主題は、本のタイトル通り

学問はいいものですよ

といっているのです。

 

読みやすさ

私も、小さいころからこのフレーズを耳にしたことがありましたが、

「みんな平等」って言うのは、なんて良い人なのだろう、ってくらいに思っていました。

しかし、作者が福沢諭吉であるだけで難しそうな本、という感じがしませんか?

大人が読むんだろうなーって思っていました。

 

しかし実際は、

大人ではなく学生の時に読んでおくべきでした。

 

そんな難しいことはありません。
専門知識もいりません。

平易な言葉で、人が生きていく上で大切なことがいっぱい詰まっています。

よくある、自己啓発本の類です。

超ロングセラー

初版は1872年、最終章17編まで1876年(岩波文庫版は初版1942年12月21日です。)

当たり前ですが、作者福沢諭吉は1835~1901年の主に明治に生きた人なので実は、戦前に作られたんです。

つまり、

140年も読み継がれている大ベストセラーなのです。

これだけ長く読まれるということは、なにか理由があるのでしょう。

私がこのようにおすゝめするのもその一つです。

これからを生きていく皆さんにぜひ読んでいただきたいです。

 

-読書のすゝめ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

広辞苑 第七版

目次63年のロングセラー!!!63歳初版は1955年始まりは1935年こだわりの紙コスパ実際に使ってみた。「ん」から始まる言葉辞書を舞台にした小説 63年のロングセラー!!! ついに買いました。 不朽 …