IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済、働くことについて考えるブログ

IGARAMブログ

心霊現象の正体

投稿日:2019年3月9日 更新日:

心霊現象の正体

皆さんは幽霊を信じますか?

 

私は信じないタイプです。

いないとは言い切れないけど、

目に見えないから、いまいち信じきれないのです。

 

ポルターガイストなど、

すべての事象は化学的に説明できるのではないかと考えています。

 

専門家ではないので素人感覚ですが、例えば以下のように考えています。

どんな物質でも分子構造を持っており、

例えばコンクリートのような硬いものでも、分子の集まりでできています。

固そうに見えても実は、気圧や温度の状況により、

中の分子が動いており、それも人間が感じることのできない微弱な反応。

だから、科学的にはあり得るが、人間の五感では理解不能な現象なので、霊と呼んでいる。

人間は、よくわからないことを「神」など抽象的なもので例えるので、それと同じ類ではないか。

 

極端な話、

薬物依存者は幻覚がみえるそうですが、

少なくても、人間の脳がすこし変われば、ARのように目で認識できるということでしょう。

 

したがって、霊がみえるという人も、

脳の作りが少し違うので見えるのではないでしょうか。

 

霊も物質だと考えたら、

その物質が見える人とそうでない人がいても不思議ではありません。

 

そういえば、霊を物質だと仮定して検証されたことがあるそうですね。

漫画「GANTZ」もこれを参考にしているのでしょう。

ダンカン・マクドゥーガルDuncan MacDougall1866年1920年)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州の医師。
人間がぬ際の体重の変化を記録することで重量を計測しようと試みた実験で知られる。

彼は6人の患者と15匹の犬を使い、死ぬ時の体重の変化を記録しようと試みた。その結果、人間は死の際に、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる何らかの重量を失うが、犬ではそういった重量の損失が起こらなかった、と報告した。この実験結果は、1907年心霊現象研究協会 (The Society for Psychical Research)の Journal of the American Society for Psychical Researchニューヨーク・タイムズや医学雑誌 American Medicine に掲載された。

この実験結果は測定のずさんさや標本数の少なさなどから科学的な信憑性は認められていない。マクドゥーガル医師は患者のうち2名では計測に失敗したと自ら認めている。また、死の瞬間をどう設定するか、などの測定の基準もはっきりとしていない。

参考:Wikipedia より

 

いや、でも・・・霊が物質だったら、霊は存在するってことになりますね。

 

以上です。

本文は以上です。

執筆者:


-IGARAMブログ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今日は誕生日!プレゼントを受け取る前に思い出してほしいこと。

  皆さまが、この地球上にお生まれになって、このブログを覗いてくださっているということは、 …

メルカリの発送方法ってめんどくさくない?

メルカリを良く使いますが、 ゆうゆうメルカリ便は、 ローソンに行って、ロッピーにQRコードを読み込ま …

no image

WordPressサイト名の変更が反映されない場合の対処法

虎ノ門ニュースまとめ以外に、コンテンツを増やしたので サイト名を変えようと思いました。 ワードプレス …

感情のコントロールの仕方

目次皆さんは感情をコントロールしたいと思ったことはありませんか。そもそも感情って?解釈によって感情は …

ネガティブな人はポジティブになれるのか

タイトル通り、 「ネガティブな人はポジティブになれるのか。」 について今回は考えてみたいと思います。 …