IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済、働くことについて考えるブログ

2019年3月 虎ノ門ニュース

2019/3/11(月) 青山繁晴×居島一平【夜 虎ノ門ニュース スペシャル】

投稿日:2019年3月17日 更新日:

目次

◆発生時刻に合わせ黙とう 東北の震災地

・日本は豊かな土地なので、地域によって災害が違ってくる。阪神淡路大震災では津波がなかったが東日本大震災では起きた。地球が活動期に入ったのが関係しており、昨年は災害が多かったが、今年も覚悟しなければいけない。しかし、地域によって対策が違うので各自でしっかり考えてほしい。(青山)

・当時、警察庁の高官から連絡があったが、原子力発電所のテロ対策がされていないことが発覚。民間人の警備会社に委託していただけ。武装機動隊を常駐したかったが、原発がそんなに危ないものかと反発されるおそれがあったので、電力会社は許可を出せなかった。政府、電力会社、学者が癒着して結果をねつ造していたのである。今では24時間常駐できるようになっている。(青山)

・原発の20km範囲圏内は立ち入り禁止区域となったが、完全に閉鎖されるまでに一度入ることができた。桜も咲いて動物もおり、民家の生活風景も何も変わらないが、人だけいない。実際に入って放射線物質を図って回った。言われているくらいの状況ではなかった。(青山)

・政府に原子力防護専門部会を作ってほしいとずっと言っていた。政府と電力会社と専門家が癒着していたのでテロ対策を一度も議論していない。しかし、本当のことを言っている人もおり今回はその人のご厚意で原子力発電所を視察することができた。(青山)

・視察は、電力会社が検証していないところを見た。特に4号機は一番壊れていると自衛隊が確認してくれていたのでそこを重点的に見た。しかし、重力加速度が900ガルほどだったようだが、日本の原子炉は全部耐えていた。国会の事故調査委員会は地震で壊れていたのではないかと発表があったが、専門家集団の原子力規制委員会は地震で壊れていないと発表。逃げた人たちが地震で壊れたかのようにイメージを付けるのは卑怯だ。許可は自分だけ(青山氏)に出されたわけではないが、学者や記者は東京で議論を重ねているだけである。だから、自分が実際に調査で現地に降り立ったときに、調査を続けてくださっている技術者の方々は、大変驚いて歓迎してくれたのである。(青山)

・じゃあ、津波で壊れたのかというとそうでもない。海辺にはタンカーやトラックなどが打ち上げられていた。福島原子力発電所は海辺に違う建屋が多かったので助かった。もっと海辺にあれば破壊されていた可能性は大きい。日本にも海外にも海辺に寄っている原子力発電所はいっぱいある。今回は運がよかっただけで、計算して助かったわけではない。津波に対して議論がまったくされていなかった。(青山)

・では、壊れたのは崩壊熱を電気で冷やせなかっただけである。送電線が倒れたりしたが非常用電源で冷やせたはず。しかしそれができなかったのは非常用電源が地下2階にあったから。なぜ地下に置いてあったのか。それは、非常用電源は米GE製のマーク1だが、それを買った時、日本が文句を言わなかったため、アメリカのハリケーン対策として地下に置く設計図そのままだったから。この設計図はアメリカの学者が危険だとして裁判をかけたくらいなのにそのまま輸入したのである。それを買ったのは東電と癒着した当時の通産省と経産省。そして、それを認めた学者。しかもそのお金は事実上の税金である電気代で買ったのである。(青山)

・燃料部が解けてメルトダウンが起きた。水と核燃料が溶けて蒸発したから、セシウムとヨウ素しか出なかったのである。(青山)

・結果、津波や地震が原因であるかのようにいわれているが、直接的にはそうかもしれないが、アメリカの言いなりで地下にマーク1を置いたからである。原子炉は無事だったのである。これは拉致事件と同じで敗戦後の日本の弱さ。(青山)

・チェルノブイリでは放射線障害で治療を受けている人が「万人を越えている。実際には、福島の原発の放射線障害で亡くなった方や障害の治療を受けた方はいない。(青山)

・自分が撮った動画を、放送局が買い取りたいと言われたが無償で提供した。東電の上役、内閣の副大臣からも連絡してきた。こんなことをしたら何が起きるか分かりませんよ、と脅しのような連絡だった。調査費用、交通費も返しているので、民間として意見を申している。こちらはそんなもの怖くない。(青山)

・まとめると、政府の人や専門家は現場にいかず丸投げ。その前はアメリカに丸投げ。誰も追及しない。これが日本の闇です。(青山)

◆沖縄県民投票 尊重すべき68% 世論調査

・私のブログにも悲歎のコメントが寄せられるが、こうなったから答えがこうなると決まっているわけではない。悲観して欲しくはない。(青山)

◆大阪知事・市長が辞職願 都構想投票実現掲げ

・東京だけが首都機能をもっているのはありえないことなので、元々民間経済は大阪が支えているので、民間経済の中心を大阪にする都構想は良いと考えている。(青山)

・この選挙は行き過ぎだと思う。自由民主党は維新の会と喧嘩してて、あろうことか共産党と組むことになっている。もし、東京が津波や地震などの災害で壊れ首都機がマヒしても大成なのかということを考えていないのがよくわかる。(青山)

◆「いずも」に米軍機「可能」 防衛相/米兵器輸出 世界の36% 14〜18年

・日本のイージス艦の指揮系統は、特に海上自衛隊はアメリカと繋がっている。日米安保の観点では必要かもしれないが、独立国としてどうか。もしアメリカが間違った戦争を起こしたときに反対できるのか。(青山)

・アメリカは兵器の輸出が増えているが、日本が零戦のあとF1を造ったためF2に介入してきた。次回のF3は絶対に純国産で造り日本の防衛産業を発展させなければならない。かつては官民で兵器を造っていた。政府の工場を造ってはどうか。そうしたらアメリカから税金で兵器を買うことができないだろう。(青山)

・選挙などでは、争点を探すと言われるが、大事なのは一致させること。外交は仲良くすることではなく、お互いの意見を一致させ、両者が得するように話し合うこと。なんでも言いなりになり恩恵に授かろうとすることではない。(青山)

◆斬ってはいないよ
◆お知らせ(来週3/18〜は通常通り朝8:00〜生放送になります)
◆お知らせ(ニュース女子は本日22:10〜になります)
◆お知らせ(第88回 独立講演会)
◆青山繁晴 著「青山繁晴のまいにち哲学」
◆青山繁晴 著「ぼくらの死生観-英霊の渇く島に問う-」
◆青山繁晴 著「ぼくらの哲学2-不安ノ解体-」
◆トラ撮り!(東北の山並み)
◆トラ撮り!(北海道の大地)
◆トラ撮り!(旭川らぅめん 青葉)
◆トラ撮り!(2019政経セミナー)
◆トラ撮り!(北海道士別市)
◆トラ撮り!(自由民主党依頼の会合 「ふるさと対話集会」)
◆トラ撮り!(会合の看板)
◆トラ撮り!(小学生の出演者)
◆トラ撮り!(元大統領首席戦略官兼上級顧問 スティーブン・ケヴィン・バノン)
◆トラ撮り!(お子様と握手)
◆トラ撮り!(書籍「不安ノ解体」とゲラ)

◆北朝鮮に五輪ID付与せず 組織委員会 制裁が背景

・1960年の五輪ではなかった問題が今回はある。北朝鮮の扱いをどうするか。スポーツと政治を一緒にしてはいけないのだが、拉致問題は精神論なのか。解決していないのに参加を容易に許可すると、拉致問題も容認していることとなる。(青山)

◆東京大空襲74年で法要

・東京空襲は明らかな戦争犯罪。アメリカ軍は軍人がいないことを知っていて空襲をしている。戦争犯罪をそのままにしていいのか。(青山)

◆米中首脳会談4月開催も 貿易協議難航か/ファーウェイ問題で米対抗措置示唆 中国

・日本では報道されていないが、米朝首脳会談の後、トランプ大統領は席をたった。北朝鮮の外務次官が追っかけてきて、妥協するから話を続けてほしいと言われたがトランプ大統領は断ったそうだ。(青山)

・核を廃棄したら制裁を解除してくれてると信じて金正恩は思っていたが全く通用しなかった。(青山)

・中国は、トランプ大統領が自身の支持層の自動車や農産物を買い取ったら気に入るという情報をつかんでいたが、実際は5Gなどのハイテク技術を盗むことである。(青山)

・5Gは将来の重要技術として中国は絶対に譲れないので戦うとしているニュースだ。(青山)

◆伊が中国・一帯一路の覚書締結へ G7で初

・中国がEUに入り込んでいるということで、アメリカが組めるのは日本だけということがわかる。(青山)

◆米朝合意見送りを初報道 北朝鮮

・日本を非難する記事の中で、ということが肝である。日本がアメリカとの会談を妨害してきたから失敗したと報道したのだが、日本に影響力があることを認めたということ。画期的な変化。(青山)

・北朝鮮は水面下で男性1人、女性2人を帰したい素振りだが、ここら辺で手を打たないかということ。(青山)

本文は以上です。

執筆者:


-2019年3月, 虎ノ門ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2018.6.26 百田尚樹、阿比留瑠比

目次◆小泉政権時代の外交交渉記録欠落◆朝日新聞「6月16日 MX打ち切り後も15局」の訂正記事◆枝野 …

no image

2018.7.9 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

目次◆西日本豪雨 死者80人超 3万人が避難◆北朝鮮の完全非核化確認 日米韓外相会談◆北朝鮮 日本へ …

no image

2018.6.25 青山繁晴【虎ノ門ニュース】

目次◆日本がセネガルと2-2 サッカーW杯◆加計・カジノ法案で攻防 きょう集中審議◆国の税収58兆円 …

no image

2018.7.3 百田尚樹、宮嶋茂樹【虎ノ門ニュース】

目次◆宮嶋茂樹氏が戦場カメラマンになった経緯/ロバート・キャパ氏と沢田教一氏◆宮嶋茂樹氏 シンガポー …

no image

2018.7.11 ケントギルバート、坂東忠信、居島一平【虎ノ門ニュース】

目次◆西日本豪雨 断水25万戸 死者157人 安否不明56人◆自民幹部 5日夜の飲み会を釈明 西日本 …