2018.5.29 百田尚樹、石平【虎ノ門ニュース】

◆米朝首脳会談へ協力で一致 日米首脳が電話会談

・しっかり日本の意志を伝えているだろう。トランプ大統領が安倍総理からアドバイスが欲しいと思っているのではないか。(百田)

・安倍首相は念を押す形になると思う。日本の首相がアメリカ大統領に口出しすることは歴史的にすごいことだ。中曽根元首相はレーガンと仲が良かったが政治的なことにまで口を出すことはなかった。(石平)

・今まで、アメリカや日本が突撃してくる北朝鮮に対して上手くかわしていた。今回はかわさないのでビビッているのだ。(百田)

・ここ数年で金正恩の人物分析ができており、アメリカはどのような動きになるかつかんでいるのではないか。(百田)

・習近平は肝心なところで邪魔をしてくることがわかった。(石平)

◆安倍総理 トランプ氏と足並み「拉致」にらみ

・拉致問題が長く続いたが、この段階まで来たことはなかった。ここで解決させなければならない。(百田)

・拉致問題は金正恩にとって重要なことではなくカードとして持っているものなので、非核化を求めたとき経済支援を言ってくる。そうしたら日本は拉致問題を申し出るべき。(石平)

・個人的な拉致問題に対しての考え(百田氏の)として述べさせていただくと、拉致された人が帰ってくるとなると、現実問題としてお金を払わなければならなくなると思う。しかし、拉致した相手にお金を払うというのは、身代金を払ったようなもので本来はあってはならない。しかしお金を払わないとなると、返還自体がなくなってしまう可能性があるので、お金を払ってでも返還を実現させしたい。一括返還も、一部の方が北の政府中央に入って機密情報を知っているのでその層の方の返還ハードルは高く難しい。無償、一括返還もタテマエとして要求はするが、そこを曲げてでも返還は実現させたい。かつて北方領土も2島返還の話があったが4島一括返還にこだわったため、今まで問題が続いた。国民1人のために戦争が起こった歴史があるように、返還には理想を曲げてでも実現させたい。(百田)

◆視聴者質問「なぜ北朝鮮は拉致をしたのか。」

・日本人のパスポートが欲しい。習慣を知りたい。言語を学びたい。日本は憲法9条というものがあるから拉致をできた。他の国ならできないはず。(石平)

・個人的考えとして、在日朝鮮人が大勢いるのでパスポートも取れるし言語や習慣を学ぶことができるので、その目的として拉致する必要はないはず。しかも普通の人を拉致している。ならばなぜ拉致をするかといえば、理由がないと思う。金日成体制時代、下部組織の人たちは仕事がなかった。することがなかったので拉致した。それだけである。(百田)

・90年代に朝日放送と産経新聞が拉致と言い始めた。はじめ、政府は認めなかった。自民党や社会党、朝日新聞も認めなかった。党のHPには拉致はデマだと報道していた。現在は社民党。(百田)

・北朝鮮のスパイで拉致の実行犯と言われている韓国に捕まった辛光洙(シングァンス)という政治犯の釈放嘆願書には菅直人の名前も載っている。(百田)

◆米軍が南シナ海で航行の自由作戦

・北朝鮮の問題が解決したら中国の南シナ海問題が表面化するので、そちらの対策ではないか。(石平)

・第三次世界大戦の危機。あるいは突入しているかもしれない。中国の南シナ海の権利は国際裁判所でも認められていない。日本は当然のことを主張しても向こうは常識が通じない。ここを通るな、と抑えられる可能性が高く、原油の輸送ができなくなる。(百田)

◆お知らせ(出演者予定) ◆お知らせ(石平 著「結論!朝鮮半島に関わってはいけない」)

◆百田氏「交渉記録4000ページ読んでご苦労なこと」

・万が一政権が関わっていたら、そんな時間かけて交渉する必要がない。(石平)

・玉木氏「やはり安倍晋三記念学校と申請されている。」というが申請したのは籠池氏。安倍首相は全く関係がない。(百田)

・否定した安倍首相に関して、関与を金品授受に絞っている、とこじつけ始めた。明恵夫人が問い合わせをしたことも関与と言おうとしている。(百田)

◆法的措置「受けて立つ」加戸前愛媛県知事

・たった百万円でなんでもするのか。(石平)

・獣医医師会は、獣医学部が増えると自身の既得権益が侵されるため石破氏、福山氏、玉木氏などに百万円を寄付したら全力でストップかかった。50年間新規設立されなかったものが崩されそうになっているのでこれだけ騒いでいる。(百田)

・安倍首相の足を引っ張るのは憲法改正を阻止したい。憲法改正したら一番困るのは中国と韓国。他の国は困らない。足を引っ張っている人たちは向こう側の人。(百田)

◆視聴者からのメール(中国共産党が終わるとしたらどう終わりますか?)〜中国人支配の構造

・民主主義の仕組みができるのが中国国民にとって一番理想的で他国にとっても安全になる。(石平)

・中国のGDPは二倍、人口は10倍。つまり大きな市場だが一人当たりのGDPは日本に及ばない。上層部7000万人が裕福なだけで10億以上の奴隷的国民がいる。日本はこれだけの奴隷的国民がいないので勝てないのだろう。(百田)

・これだけの奴隷的国民がいると民主主義になったら大変なことになる、なので民主主義化には中華思想を捨てる必要がある。(石平)

・中国の歴史が日本ではエンタメとして楽しまれているが、人民にとっては苦難の歴史である。(石平)

・江戸時代いかに平和だったか。ペリー来航の時、武士たちはついに戦わなければならないと動いたが、甲冑は売り払い、具足も10両だったものが80両、伝家の宝刀は錆びついていたらしい。(百田)

◆特攻の最期 73年経て映像見つかる

・戦後の日本は特攻隊が守ってくれている。当時のアメリカ人を畏敬の念を与えるに至った。本気で怒るとどうなるかわからないので、天皇を排除することができなかった、武装解除も本気でできなかった。(百田)

◆百田氏「ゲストに野党政治家を呼んでみたい」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました