2018.5.30 井上和彦、ケントギルバート【虎ノ門ニュース】

◆金正恩氏側近が訪米へ 首脳会談調整大詰め

・トランプ大統領一人だったら不安だったが、チームとして頼もしい面子が揃ってきた。(ケント)

◆日大前監督ら「除名」 悪質反則を指示と認定

・コーチたちは、宮川選手が危険行為をするだろうと認識していた。NCAAの処分だともっと重い処分になるはず。日本もNCAAのような第三者機関を立ち上げてすべき。関東学生連盟が関係者で固められているので監督を擁護するのではないかと懸念があったが、しっかりと答えてくれたと思う。監督に従った宮川選手にも責任がある。ここに日本人の悪い性質が出ている。(ケント)

・在学生は災難だ。自分の行動が組織に影響を与えるいい例だ。(井上)

◆野党 加計学園にアポなし訪問へ 証人喚問要求

・アポなしという不誠実な訪問に応える必要はない。どうせ入れさせてもらえないと思うが、入れさせてくれないから疑惑が深まった、と言いたいだけだろう。加計氏に聞いても何も進展ないと思う。在学生にも配慮してほしい。(ケント)

・安倍首相を降ろしたいだけで、いろんな被害者が出ていることを知るべき。政権交代できるはずがない。(井上)

◆国民・玉木氏「2020 年代前半に政権交代」

・政権とる前に自身の落選可能性があることを知るべき。(ケント)

・小西洋之議員はネットテレビで「政権をとるつもりの議員は少ない。」と答えている。政権とるような政策や発言をしていない。つまり次の選挙しか考えていない。(ケント)

・彼らは政権云々より政党が残っているか心配したほうがよい。希望の党が改憲と言った時には二大政党を期待した。現在のパフォーマンスよりも国民に寄り添って行動すれば、与党を弱体化させることができたかもしれない。(井上)

◆イラン支援のハッカー集団 米軍施設をサイバー攻撃

・攻撃が始まってすぐ察知しているのは優れている証拠。おそらく発信元が特定されている。イランと断定しているのが証拠。(井上)

・昨年横須賀に訪問した時、特別チームが来ていた。機械の整備部門だと言っていたが情報の特殊部隊だと思う。皆さん自覚がないかもしれないが日本は情報戦争の渦中にある。(ケント)

・あまり報道されていないがイスラエルとイランは一瞬即発の状態である。イランのホルムズ海峡に機雷が数発仕組まれるだけで日本の原油やLNGガス輸入が止まる。それくらい大きなことである。日本の政治が森加計で時間がとられていることが嘆かわしい。(井上)

◆ケンちゃんカズちゃんごきげん大放談〜どうなる米朝関係 トランプ・金正恩の通信簿〜

◆事前アンケート
「米朝関係においてトランプ氏の評価は?」
0~20点       0.0%
21~40点     0.6%
41~60点     6.0%
61~80点    39.1%
81~100点    54.3%
「米朝関係において金正恩氏の評価は?」
0~20点       68.3%
21~40点     15.9%
41~60点      8.6%
61~80点      3.5%
81~100点      3.8%

・金正恩は、政治ライバルを排除していることを忘れてはいけない。性善説でものを考えてはいけない。世界は性善説で動いてはいない。(ケント)

・オリンピックを政治利用したことは良かったのか。この結果が出るのは米朝会談後だと思う。(井上)

・ほほ笑み外交が、日本では良い印象で報道されるが私は「したり顔」外交だと思う。(井上)

・3月には、アメリカが台湾旅行法を満場一致で可決させた。トランプ大統領は就任前から台湾について言及している。それを実行しているのでさすがだと思う。(井上)

・アメリカは隙がない。中朝に揺さぶりをかている。会談中止報道で焦った中朝が会談をするにいたった。(ケント)

・核放棄もすぐにできるものではない。核の解体技術は中国は持っておらずアメリカがもっている。アメリカが到着するまでに隠されたらいけないので、中国が軍隊で施設を取り押さえ、アメリカが到着次第解体するという協力体制ができたら良いと思っていたが、米中の協力は難しくなってきたか。(ケント)

・トランプ大統領は有言実行でよくやっている。しかも、その裏で安倍首相がしっかりコントロールして制度の高い外交をみせている。そして、その安倍首相を支えている河野外相も高く評価すべき。また、裏で日露会談も行われている。北方領土で経済協力すると言っていたが、これは前からよく言われていることでタテマエだろう。シリア問題で対立するフランスのマクロン大統領もサンクトペテルブルクで会談。経済制裁中のフランス大統領がくるのは異常なこと。現在ロシアは、北朝鮮問題に対して蚊帳の外である。見えない部分にどのような外交がされているのか。見えないところで重要な話し合いがされてるだろう。(井上)

・航行の自由作戦は今まで1隻でしていた。しかし今回は2隻で、イージス艦を伴って対空対策もしている。アメリカの本気度を示している。(井上)

◆話を受けて再アンケート
「米朝関係においてトランプ氏の評価は?」
0~20点      1.0%
21~40点      1.8%
41~60点      2.0%
61~80点     18.3%
81~100点     76.9%
「米朝関係において金正恩氏の評価は?」
0~20点     80.7%
21~40点     11.5%
41~60点      3.0%
61~80点      1.8%
81~100点       3.0%

・経済制裁解除もしくは緩和のタイミングは難しい。核施設リストを提出したり、20個ほど核兵器を持ち帰りたいというアメリカの要望に応えたら若干の緩和がされるか。(ケント)
・拉致問題が解決するまで一切妥協してはいけないと思う。(井上)

・習近平は北朝鮮をバックアップすると言うが具体的にどうするのか。アメリカに来てもらって要求を断って顔をつぶすように、と北朝鮮に言っているのか。(ケント)

・取り残されたのは文在寅大統領。会談中止を報道したとき慌ててワシントンにとんだ。世界の首相を動かすトランプ大統領。(井上)

◆月間Will 7月号告知

◆特攻の最期 73年経て映像見つかる

・貴重な資料が見つかってよかった。また、戦艦ミズーリ号の側面にへこみがあるが、石野節雄氏の特攻によりできたもの。アメリカ軍はこの敵兵に対して丁重に水葬している。(井上)

◆米 運転者 7 割超「怖くて乗れない」 完全自動運転車

・飛び出しなどの突然の状況に自動運転が対応できるかどうか。(ケント)

・高齢者に免許を返納してもらいたいが、どのようにしたらよいか。自動運転自動車の購入を義務にしたらよいのでは。私(ケント氏)が生きてる間は難しいと思う。(ケント)

◆マレー半島高速鉄道計画を廃止 マハティール首相

・中国にとってマハティール首相のような親日の人が返ってきて悩んでいると思う。一帯一路、AIID、南シナ海などに大きな影響を与えるだろう。(井上)

コメント

タイトルとURLをコピーしました