愛人のつくりかた

IGARAMブログ

突然ですが、愛人と聞けば何を思い浮かべますか?

ちょっと歳をとった社長さんと美人な女性。

決して公にできない危ない関係。

お金持ち・・・。

 

なんて、秘密やお金が絡んできてシークレットでディープな感じがしませんか。

でも大丈夫!誰でも愛人は作れます。

 

恋愛のパターン

日本の一般的な恋愛ですと、以下のようなフローとなります。

  1. 好きな人ができる。
  2. 親密になるまで会う。
  3. いいタイミングで告白。
  4. 付き合う。
  5. 結婚。
  6. 死別

順番にステータスを表すと、「他人→友達→恋人→婦人・妻」です。

 

愛人はどこにも登場しません。

 

そもそも愛人とは

「愛人」の意味は、

①人を愛すること。
②愛する人。恋人。また、情婦・情夫
出典:『広辞苑第七版』

そのまんまですね。

 

では「恋人」は?

恋しく思う相手。おもいびと。
現在では普通、互いに思い合う相手にいう。
出典:『広辞苑第七版』

「妻」では・・・

配偶者の一方である異性。結婚している男女間で、互いに相手を呼ぶ呼称。
男女どちらにもいう。また、第三者からいう場合もある。
出典:『広辞苑第七版』

 

呼称が違うだけで、意味は一緒のように思えますね。

 

「愛」と「恋」の違い

次に、「愛」と「恋」の違いを見てみましょう。

【愛】

①親兄弟のいつくしみ合う心。広く、人生や生物への思いやり。
②(男女間の)相手を慕う情。恋。
③かわいがること。大切にすること。
④このむこと。めでること。 etc…
出典:『広辞苑第七版』

【恋】

①一緒に生活できない人や亡くなった人に強くひかれて、切なく思うこと。
また、そのこころ。思慕の情。恋慕。恋愛。
出典:『広辞苑第七版』

の方は切ないですね・・・。
好きっていう感情はどちらかというと、に分類されるということですが、

まだその恋愛が叶わない時はなんですね。

 

愛人は通常のルートから外れたところ

普通の恋愛ルートでは愛人はできないということです。

私は小さい時から考えていました。

恋人と変人って漢字が似てる。

 

いえ、

恋したら”恋人”で、愛したら”愛人”ではないのだろうか。

なぜ、妻と呼ぶのだろうか。

愛人でよくない?

って思ってました。
なんか、愛って素敵な文字が入っているのにタブー視されてて、不思議です。

 

素敵な言葉だと思いませんか。

だから、恋の次に愛を使ってみませんか。

一緒になれなくて切なく思うのがであれば、
一緒になれた後にはでいかがでしょう。

 

そしたら愛人の出来上がりです。

恐らく・・・

結婚生活って長いじゃないですか。妻とケンカする時があるかもしれません。

その時に、他の人を好きになってしまう、恋してしまう。

いけない関係だと余計に燃え、

愛していると錯覚しちゃうんですね。

だから愛を使うのだと思います。

でも、なにも妻以外に使っていけないわけではありません。

妻を愛せば立派な愛人です。

 

皆さん、身近な大切な人を愛しましょう。

っていうオチです。

ちなみに・・・

後で知ったことですが・・・

西郷隆盛は、”敬天愛人”を好んで使い、揮毫した言葉だそうです。

言葉の通り、「天を敬い人を愛する」ことを信条としていたそうです。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました