社会人でも自然に出会う方法|今の環境でも可能です

社会人になると家と会社の往復で出会いが無いですよね。

かといって、アプリとか婚活パーティとかに参加して、いかにも「出会い求めています」って感じになるのも嫌。でも、結婚も視野にいれたら、そんな悠長なこともしてられないし・・・。

できれば自然に出会いたいですよね。

本記事は、出会いが無くなった社会人でも自然に出会える方法を紹介します。

社会人になると出会いが無くなる理由

出会いが無くなる理由を紐解いてみると、解決策は見えてきます。

職場には心理的ブレーキがかかる

出会いが多いのはダントツに「職場」です。

それは、過ごす時間が一番長いからです。でも、心理的ブレーキがかかりやすいのも事実です。

もちろん、恋愛は自由なので良いことなのですが、仕事に恋愛感情を持ち込むことに、あまりいい顔をしない人もいます。本人たちがそう思っていなくても、公私混同しているように見られます。

だから、安易に上司や同僚にバレないようにする必要が出てきます。また、別れた時のことも考えると、ハードルが高く感じるのは否めません。そう考えると、せっかくの出会いの場を避けてしまう人も少なくありません。

職場は人数がすくない

いままで、出会いの中心は「学校」でした。それが社会人になると「職場」に代わっています。

しかし、学校にはだいたい数百人いますが、職場は部署で分けられてしまうので多くて数十人くらいです。対象となる人自体が少なくなってしまっているので、出会いが無いと感じるのは必然です。少人数の部署だったら余計ですよね。5人だけで女性が1人とか。

時間がない

そもそも、社会人は自由な時間が少ないですよね。

休みの日は、何よりも睡眠時間、自分の時間を優先しがちです。なにかしようなんて気力はなかなか生まれてきません。

外に出なければ出会いは難しいですよね。

視点をかえれば自然に出会う方法はある

「自然」に出会うとは

まず、自然に出会いたいということは、受動的なコミュニティで出会いたいということです。

もう少しかみ砕いていうと「日常の行動範囲で起こる出会い」です。

学校、職場、通勤中なんかもそうですね。
習い事をしているのならそれも当てはまります。

今の自分の行動範囲はどうでしょうか?
多くの人と接する機会はありますか?

学校に置き換えてみると分かりやすい

単純に学校が職場に代わっただけと思ったら考えやすいです。

クラスは部署です。

隣のクラスの人を好きになったことはありますでしょうか。
たまにクラスをまたいだ授業の時とか、部活が一緒で好きになるパターンですね。

これと同じで、職場でも、たまにしか関りがない部署でも、いい人がいるかもしれません。たとえ自分の部署が人数少なくても他の部署は多いかもしれません。経理部とか総務部とかそうですね。一部の社員としか接することがない部署は意外と穴場ですよ。普段、接することがないため情報交換という意味でも飲み会はうってつけです。気に入ってもらえたら「経理の~さん、面白い人だったよ」って紹介もしてくれます。

自然に出会うメリット

次に、自然に出会うことのメリットをご紹介します。

出会いのきっかけを言いやすい

両親や、結婚式で「~で出会いました」って言いやすいですよね。

居酒屋でナンパしました。出会い系で知り会いました。なんて言いにくいですよね。職場とかクラスメイト、サークルとか、何かしらのつながりを重視する日本では、なかなか気を遣うところではないでしょうか。

そこを気にする必要がなくなるのが大きなメリットです。

安心できる

自然といっても道端で知らない人と、自然に出会う、なんてことはありません。

同じコミュニティで、知っている人として出会うわけですから、相手の情報はゼロではありません。

そこは大きいですよね。

結婚詐欺だったり、既婚者だったり。不安は尽きません。
相手の知り合いがどんな人なのかわかるだけでも大切な情報です。

お金がかからない

わざわざ、出会いのためにお金を払う必要がありません。

一回の街コンで5000円とか、婚活サイトに登録して月5000円とかザラですからね。

それで、出会いがなければ無駄でしかありません。
そういう無駄になる心配がありません。

自然に出会うおすすめの方法

さて、それでは自然に出会うおすすめの方法をご紹介していきます。

職場

定番です。
社会人がパートナーと出会う場所No.1です。
かく言うわたしも、職場恋愛で結婚してます。

先程も少し触れましたが、公私混同しないように気を付ける必要はありますが、悪いことではありません。

1日で1番長く過ごす場所なので、ここで出会いを見つけるのが1番です。

今いる部署にいい人がいないのであれば、違う部署にも目を向けると出会いの幅が広がります。

普段、関わっている人でも、飲み会に行ってみると意外な一面がみえることもあります。

私も実際、一緒に仕事していると、ツンツンしててなかなか取っつきくい人だなと思っていたら、ランチで偶然一緒になって小一時間話をしていたら、意外に自分と同じような考えを持っていたりして共感したことがあります。

個人で付き合ってみると馬が合うのに、組織に属したら対立することもあります。
でもそれは、組織での立場とかポジションで変わってくるんですね。

一緒に仕事をしていて苦手だなという人でも、あまり接したことが無いのであれば、今度、飲みに誘ったりすると新しい発見があるかもしれません。

学校の友達

昔の馴染みだと、気心が知れてますよね。

当時、関わりが無かったとしても、同じコミュニティで長い時間を過ごしているので、お互い気が合うものです。

共通の話題もありますし、居心地が良いです。

懐かしい友達に連絡を取ってみるのもアリ

いま、定期的に会ってる人がいないのであれば、久しぶりに連絡をとってみるのもアリです。

声をかけるのが苦手な場合は、SNSでイイねなど押したりコメントしたりしてみて下さい。

だいたい、「懐かしいな〜」→「またご飯行こう〜」ってなります。社交辞令的なものですが、これを数人集めてみると、抵抗なく飲み会を開くことができます。

友達の紹介

友達に、出会いが欲しいと言っていると、紹介してくれるかもしれません。

類は友を呼ぶという言葉があるように、変な人を紹介する人はいません。
だから、安心できるという点では効果抜群です。

常日頃から、いい出会いがあったらな〜って伝えておくと良いです。

いま通っている所

仕事のほかで通っている所はありますか?

習い事やサークルなど。
意外とそういうところは自分にとって大切な場所になっていて、出会いに積極的になれないこともあります。

そういう心理を理解しつつ、一歩踏み出してみることで良い出会いに発展するかもしれません。

それでも難しいと思う場合

残念ながら、自分の行動範囲に相手がいない場合、新しいコミュニティにはいるか、アプリ、婚活パーティを利用する決心をしなければなりません。

自然に出会いたいということは、アプリや街コンなどのツールに抵抗があるということですよね。

わかります。

でも、本当は、ちゃんとサービスを選べば、悪いものではありません。
私も真面目に利用していましたし、私の友人は「Pairs」で出会って結婚しました。

自然に出会いたい。という考えは分かりますが、そうも言ってられない状況になってしまっていることも理解しておかなければなりません。おすすめのアプリや街コンサイトを以下に厳選しましたので、自分に必要だなと思ったらぜひ活用してみて下さい。

アプリ

おすすめは以下の3つです。

Pairs(ペアーズ)→業界最大手。とりあえずに最適。
ゼクシィ縁結び→ブランドを傷つけないため、真面目。
with(ウィズ)→Daigoサポートが人気。

よく出会い系アプリのおすすめに挙がってくる「PCMAX」「ハッピーメール」「YYC」「タップル」は真剣な出会い目的には適さないのでおすすめできません。

街コン、婚活パーティ

アプリがおすすめですが、やっぱりアプリは苦手、メッセージのやりとりが面倒・・・という方は、新しい出会いをつくるために、街コン、婚活パーティをおすすめします。

確実に会うことができるので、手っ取り速さがメリットです。

おすすめの街コン

街コンジャパン→最大手。イベント数も多く参加者も多い
街コンALICE→女性も必ず有料。HPに司会スタッフが載っていて安心。
シャンクレール→カップル率高く、1対1会話型中心。

おすすめの婚活パーティ

エクシオ→幅広く充実。HPが親切。一度みてみるべき。
LMO Party→オンライン婚活。500円から参加でコスパ良し。試す価値あり。
ブライダルシップ→面接通過者のみ。月額3,300円(無料期間あり)。相性度重視。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自然に出会うには視点をかえたらいくらでもあります。メリットが大きいですよね。

ぜひ、自分の身の回りに良い人がいないか探してみて下さい。

コメント