IGARAMブログ

DHCテレビ『虎ノ門ニュース』を中心に、政治・経済についての考えるブログ

会社の悩み

雑用は下の者がしないといけないのか

投稿日:2018年6月24日 更新日:

思うのです。

雑用は下の者がしないといけないのか。

しかし、私はこう思います。

気づいた人がするべき。そこに年齢は関係ない。

マネジメント不足の押し付け

仕事場で「一番下やから。」って言われることありませんでしょうか。

「一番下だから~」と、この言葉を印籠のように使って下の者を自身の思う様に動かそうとします。

しかし、違う見方をすれば、

自身の考えや見方が伝わっていない。もしくは、間違っているが変えようとしない。

だから、年功序列という非効率な旧式の概念を持ち出さないと社員が動かないのです。
このことに気づいていないのです。つまり・・・

マネジメント不足。

人望が無いとも言えます。
上の者は、非効率なことに巻き込もうとしてきます。

上の者しかできない仕事や判断がありますし、雑用をすることによって良い気づきがあることもありますので、一概に否定はできません。

しかし、年齢だけで決めつけて業務をさせてしまうことは危険です。
自身がやらされた事を、何も考えずにそのまま下に伝えているだけです。

 

でも、下の者がしましょう

だから、雑用はしなくても良いのかといったらそうでもありません。

どんなことでも進んでやっていきましょう。

面倒なことやしんどいことは進んでやりましょう。
諸先輩方の意向を察知して進んでやっていきましょう。
必ずその能力は役に立ってきます。
誰もしないことを進んでする、誰も気づかないことをする能力というのは今後に活きてきます。

色んなことに気づく後輩と、やってくれていると感謝する先輩。

これが理想です。
下の者がすべき、と言うだけで感謝も気づきもしない古い考えの持ち主は無視しましょう。

 

年功序列

そもそも、なぜ「下の者が」という年功序列ができたのか。

それは、経験則 に頼っていた時代があったからです。

海の航海や建築、天気予報、政治や製造業に至るまで、人々は経験則でモノゴトを進めてきました。
実際に経験したことがある、数をこなした人の方が優れていたのです。

だから、若者に雑用を任せて経験を積ませ、
上の人は、弟子が自身の経験を超えるように見守っていたのです。
戦時中は特に、活発な若者の方が重宝されます。

未来のための若者を育てるため経験を積ませる。
これが正しい「年功序列」の在り方だと私は思います。

 

経験はいらない

しかし、時代は変わりました。

堀江貴文氏が以前「寿司を握るのに数十年の修業はいらない。」と発言し炎上しました。
おっしゃる通り、経験=能力の時代は終わったのです。

航海も天気も機械が正確に予測してくれます。
職人もまだいますが、機械がどんどん近づいてきており、職を奪われるのも時間の問題です。

 

しかし、経験=能力を抜け出せない人たちは、自身の能力が経験によって培われてきたものですから、それにしがみつこうとします。
その結果、本来の趣旨から外れた「下の者がすべき」と言い、経験=能力に結び付けたくなるのです。

経験が大事である部分は確かにあります。
しかし、デジタル化によって、様々な経験が公開され、今では地球の裏側の経験をも知ることができてしまいます。
経験を「情報」として取得することができ、経験=能力の時代ではなくなったのです。

-会社の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

感情のコントロールの仕方

目次皆さんは感情をコントロールしたいと思ったことはありませんか。そもそも感情って?解釈によって感情は変わる無駄な感情もある行動をみる 皆さんは感情をコントロールしたいと思ったことはありませんか。 ・気 …

no image

なぜ上司は無能なのか

会社の上司や先輩って、のんびりしているように見えますよね。 仕事や雑務を押し付けてくるだけで、一向に何もしない。 すぐ休む。すぐサボる。 明らかに自分より仕事をしていないのに、自分より高い給料をもらっ …

本当にブラック企業は悪いのか

  上司が残っていて帰りづらい、所定時間内に終わる業務量ではない・・・ 自分の会社はブラック企業ではないか そう思ったことはありませんか?   巷では、働き方改革をスローガンに、脱 …

社会人の目標

さて、学生生活を終え、就活を終えて無事に入社した皆さん。 社会へようこそ。 (ようこそ、と言えるほど経験もございませんが・・・。) 皆さんは、社会人生活にどのような目標を持っていますでしょうか。 ・お …

no image

ネガティブな人はポジティブになれるのか

タイトル通り、 「ネガティブな人はポジティブになれるのか。」 について今回は考えてみたいと思います。 気づけば私は小学生時代からずっとネガティブ思考でした。 「自分は何をやっても意味が無いのではないか …